2022年05月31日

2022年日帰り旅 49 4/11 丹波市 氷上 達身寺前広場

 達身寺側の水仙です。前回きたときは道路沿いにはこのような水仙の花壇はありませんでした。ずっと向こう側まで駐車場で石垣の下に花壇が並んでいました。いまは花壇の向こう側には広場のようになっていて、ベンチが置かれています。
丹波市達身寺 水仙

 石垣下の花壇は、少し狭くなっています。手前に新しくできた側がたくさん咲いています。向こう側のものは花が終わっているようです。
丹波市達身寺 水仙

 水仙の花です。ここも少し遅かったかな。
丹波市達身寺 水仙

 枝垂れ八重桜越しに遠くの景色を見ました。
丹波市達身寺 さくら

 お寺横の道路沿いです。石垣の下ではムスカリとキンセンカが花がいっぱい咲いています。
丹波市達身寺 ムスカリ

 お寺側駐車場沿いで咲いている水仙の花です。
丹波市達身寺 水仙

 こちらにきてからも電線に鳥がとまるのが見えました。尾が短く、くちばしが三角形なので、カワラヒワのようです。
丹波市達身寺 カワラヒワ

 この後はガソリンが家までたどり着けるかどうか微妙な量だったので1000円分だけ入れてその後スーパーで買い物をしたら、ひたすら帰ってきました。

posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月30日

2022年日帰り旅 48 4/11 丹波市 氷上 達身寺駐車場

 駐車場に戻ったときにはだいぶ遅くなっています。そろそろ帰ることを考えないといけない時間になっています。達身寺の前の水仙をちらっと見てから帰ることにしました。それほど長居はできないでしょう。
 達身寺前の駐車場につきました。駐車場は道路からみて達身寺側と反対側にあります。達身寺側の駐車場は以前に比べて、狭くなっているように見えます。駐める場所があったので達身寺側に車を入れました。
 車から降りたところからみえた達身寺裏側の山の斜面のツツジの花です。
丹波市達身寺 ツツジ

 道路向かい側駐車場のさくらの木です。だいぶ散り始めています。
丹波市達身寺 さくら

 駐車場入口のさくらの木です。枝垂れ桜の八重咲きです。
丹波市達身寺 さくら

 その下で咲いているボケの花です。
丹波市達身寺 ボケ

 電線に鳥がとまっているのが見えます。この感じだとホオジロのようです。
丹波市達身寺 ホオジロ

 飛び去ったのですが、違うところに止まりました。できるだけ近づいて写してみました。これ以上よったら飛び去ってしまいました。
丹波市達身寺 ホオジロ

 達身寺前からのカタクリの里方向に向かう脇道沿いの斜面にも水仙が咲いています。勝手に増えていったものかな。
丹波市達身寺 水仙



posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月29日

2022年日帰り旅 47 4/11 丹波市 氷上清住カタクリの里5

 一番目の群生地の前まで戻ってきました。ここの水路に降りる斜面にも白い花が密集して咲いています。イチリンソウなのかニリンソウなのかは、一つの茎に花が一つつくか2つつくかの違いと思っていたので、そこばかりに注目していました。ここの下側の花は2つついているのでニリンソウとしました。一つしか出ていないものもたくさんあります。
 花茎が葉っぱの真ん中からでているように見えます。葉には葉柄がないので3枚の輪状用が丸い1枚の葉のように見え、その真ん中から花の茎が伸びているように見えるのでしょう。このことからするとこれはニリンソウで間違いないでしょう。紫の花はムラサキケマンです。
丹波市カタクリの里 ニリンソウ

 これもニリンソウです。アブが花に止まっています。
丹波市カタクリの里 ニリンソウ

 駐車場に戻っていきます。途中に見えたコブシの花です。この付近には何本かあります。
丹波市カタクリの里 コブシ

 黄色い花をつけた木があります。クロモジのようですが、こんなに大きくはならないはずです。では一体何なのでしょう。
丹波市カタクリの里 クロモジ

 ミツマタです。木の高さは1m位です。下向きの花をつけます。
丹波市カタクリの里 ミツマタ

 シャクナゲです。咲き始めたところのようです。最近植えたものかな。タグのようなものが見えます。
 向こう側の山の斜面にも、クロモジのような木が花をつけています。
丹波市カタクリの里 クロモジ?

 道沿いのさくらの木です。
丹波市カタクリの里 さくら


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月28日

2022年日帰り旅 46 4/11 丹波市 氷上清住カタクリの里4

 カタクリ群生地から外に出て水路沿いに戻っていきます。道と水路の間にある土手にもいろいろな花が咲いています。順番にみていきます。
 ネコノメソウです。いろいろな種類があります。ちいさなお椀のような形をしたものの中に小さな種が詰まっています。果実が開いているようです。葉が黄色くないのと、丸く果実が開いていることからヤマネコノメソウかな。
丹波市カタクリの里 ネコノメソウ

 カテンソウです。始めてみました。
丹波市カタクリの里 カテンソウ

 イチリンソウです。たぶん。花の大きさでニリンソウと区別ができるということです。そこまでみていませんでした。葉が茎をだいていないというのも特徴だそうです。
丹波市カタクリの里 イチリンソウ

 これもイチリンソウ?。花の中でハエが蜘蛛につかまっていました。
丹波市カタクリの里 イチリンソウ

 タチツボスミレです。いっぱい咲いています。
丹波市カタクリの里 タチツボスミレ

 ムラサキケマンです。
丹波市カタクリの里 ムラサキケマン

 イチリンソウ?です。何となく花が大きいような気がします。
丹波市カタクリの里 イチリンソウ


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月27日

2022年日帰り旅 45 4/11 丹波市 氷上清住カタクリの里3

 2つ目の群生地の前からは、谷向こうの山の斜面がよく見えます。ここにはたくさんのヤマザクラがあって、ピンク色の花をつけているのが見えます。
丹波市カタクリの里 山のさくら

 群生地のカタクリです。ここのものも茶色くなった花がたくさん見られます。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 カタクリの花の拡大です。後のものは花が終わったようでほとんどが色あせています。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 群生地のようすです。花を真横からみる角度ならまだたくさんさいているように見えます。まばらというけれどもこれでも他のところよりはたくさんさいているのかも。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 柵の外に、シカの頭骨が落ちていました。そのままになっているのか、わざと置いているのか。少し自主規制をしています。
丹波市カタクリの里 シカの頭骨

 カタクリの花を続けます。
丹波市カタクリの里 カタクリ丹波市カタクリの里 カタクリ丹波市カタクリの里 カタクリ

 全体的に花の色が薄いような気がします。


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月26日

2022年日帰り旅 44 4/11 丹波市 氷上清住カタクリの里2

 カタクリの花は枯れて色が変わっているだけではなく、花びらが落ちて子房が膨らみ始めているものもあります。形は横を向いていますがゆりの実にそっくりです。これから上を向くのでしょうか。できた種はアリに運んでもらうそうです。そこから再び花が咲くまで3〜4年かかります。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 カタクリの花です。葉っぱには白や茶色にぼかしたような筋が入るのが特徴です。
丹波市カタクリの里 カタクリ丹波市カタクリの里 カタクリ

 タチツボスミレです。左の鼻の手前側に地上茎が延びているのが見えます。
丹波市カタクリの里 タチツボスミレ

 再びカタクリの花です。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 2つ目の群生地の入口です。右側の斜面でカタクリが咲いています。さくらの花はだいぶ散っています。
丹波市カタクリの里

 斜面で顔を出していたシダ類の新芽です。
丹波市カタクリの里 シダ類の新芽

 中でカタクリが群生しているようすです。ここもだいぶまばらになっていて、茶色くなった花が目立ちます。
丹波市カタクリの里



posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月25日

2022年日帰り旅 43 4/11 丹波市 氷上清住カタクリの里1

 清住のカタクリ里に到着です。駐車場からは少し離れたところにあります。途中に協力金を入れるところがありました。いつもならここで入園料を徴収していますが、今年はコロナのために、協力金になっていました。入れてから群生地に向かいます。
 道沿いでコブシの花が咲いているのが見えました。
丹波市カタクリの里 コブシ

 全体が花で黄色くなっている木がありました。何の木かはわかりません。花の部分を拡大したものです。検索をかけるとウリハダカエデがひっかかりましたが枝の色が全く違います。後日、トサミズキと判明しました。
丹波市カタクリの里 トサミズキ

 カタクリ群生地に到着です。花が少なめです。全体的に終わった花がたくさん見られます。前回に比べて今年は咲くのが早かったようです。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 比較的密集して咲いているところのものです。ちょっとは茶色いのがわかりにくくなっているかな..。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 花のアップです。
丹波市カタクリの里 カタクリ

 実が大きくなった草もありました。風車状の実と葉っぱの形からするとセリバオウレンのようです。
丹波市カタクリの里 セリバオウレン

 カタクリの花です。アップにすると終わって茶色くなった花が目立ってきますから、遠景で写しています。
丹波市カタクリの里 カタクリ


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月24日

2022年日帰り旅 42 4/11 丹波市 氷上さくら公園

 次に向かったのはさくら公園です。さくらの見頃が他の場所に比べて遅めになっていますから遅咲きのさくらがみられると期待したのと、食事がとれないかいうことでいっています。
 公園のさくらです。この付近にはそれほどさくらがないようです。ヤマザクラ系のさくらが咲いています。
丹波市氷上さくら公園 さくら

 丘のある方角です。こちら花が咲いています。展望台が見えます。近くまで行きましたが、上は立入禁止になっていました。
丹波市氷上さくら公園

 この丘で咲いた板鼻の数々です。八重桜系のさくらが咲き始めていました。これだと関山かな。
丹波市氷上さくら公園 さくら

 白いさくらです。大島桜のようにみえます。
丹波市氷上さくら公園 さくら

 ドウダンツツジの花です。
丹波市氷上さくら公園 ドウダンツツジ

 ハナカイドウです。花の付き方や葉とか萼の形がさくらとは違っています。
丹波市氷上さくら公園 ハナカイドウ

 ハナズオウです。
丹波市氷上さくら公園 ハナズオウ

 川の向こう側の河川敷では菜の花が咲いているのが見えます。
丹波市氷上さくら公園 菜の花

 丘の上のしだれ桜です。というほど枝垂れていません。
丹波市氷上さくら公園 しだれ桜

 食事は、団体予約が入っていたために売り切れということで食べられませんでした。代わりに、カタクリの里近くにある卵かけご飯の店ですませました。卵は食べ放題でしたが2つでももたれます。

posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月23日

2022年日帰り旅 41 4/11 丹波市柏原 観光案内所前

 観光案内所の近くにあったものを紹介します。正面に織田神社があります。安土桃山時代の柏原藩は織田信長の弟の信包が治めていました。その孫にあたる信勝が祭神だそうです。信勝は河川改修や新田開発をおこない柏原藩の基礎を作ったものの、継嗣がなかったことで柏原の織田家は改易となりました。旧居跡に立てられたものがその後柏原藩再興後にここに移されたそうです。
丹波市柏原 織田神社

 その横の建物の前に道標があります。「左たんごたじま」と書かれています。右は八幡山かな、よく読めません。
丹波市柏原 道標

 横にある八幡神社の鳥居と石灯籠です。柏原町は元々この神社の門前町として発達して町だったそうです。
丹波市柏原 八幡神社

 鳥居前、観光案内所との間にある建物です。柱についている新しい標札には柏原大神宮と書かれています。八幡宮の摂社で祭神は天照大神だそうです。
丹波市柏原 柏原大神宮

 道路を隔てて向かい側にお寺があります。入口の鐘楼門が立派です。横の石柱に「寺」の字があったのでお寺の名前が書かれていると思ったのですが、見直してみると、西園寺(公望)卿の本陣史跡と書かれているようです。お寺の名前は西楽寺のようです。
丹波市柏原 西楽寺

 観光案内所からは西楽寺本堂の裏手が見えます。手前に見える倉庫のような建物の横に仏様がこちらを向いて座っています。螺髪がアフロヘアそっくりです。
丹波市柏原 西楽寺


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年05月22日

2022年日帰り旅 40 4/11 丹波市 柏原 木の根橋

 丹波市に入って次にめざすのは、柏原の観光案内所です。「かいばら」と読みます。「かしわばら」とか「かしわら」とかいろいろ読み方があって紛らわしいですね。字が異なりますが「かしはら」というのもあります。
 ここでは、観光案内を入手するのが主な目的です。城下町の名残とか見どころはあるようですが、今回はパスです。観光案内所の近辺だけちらっと見ていくことにします。曲がる所を間違えて狭い見道に入ってしまいましたが、何とか到着した到着した観光案内所です。
丹波市柏原 観光案内所

 前に「天然記念物 木の根橋→」と書かれています。大きなケヤキの木があって、この名前で天然記念物になっています。
丹波市柏原 木の根橋

 この木の根の1本は、道路に沿ってまっすぐ水平に伸びています。
丹波市柏原 木の根橋

 これを別方向から見るとこのようになります。道路の横に延びている木の根の下を川が流れています。木の根が橋みたいになっているから「木の根橋」なのですね。
丹波市柏原 木の根橋

 木の幹にはコブのようなものがいっぱいできていてごつごつしています。これは根元近くのものです。
丹波市柏原 木の根橋

 下から見上げたケヤキの木です。大きな枝が折れたりしているようです。新芽が出始めたところです。
丹波市柏原 木の根橋

 横にある建物は、少し古そうでした。たんば一番館というようです。築85年だそうです。そういえば、観光案内所の建物もかなり古そうでした。
丹波市柏原 たんば一番館


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記