2022年12月08日

星の記録 12月8日号 7日いろいろ

 7日(昨日)の星の記録です。太陽は雲がかかっていたので観測できていません。ここ数日と同じように2時前くらいに雲が薄くなってきました。ここまま晴れるかとみていたのですが、また雲が厚くなってきました。結局この状態は日没まで続きました。日没後は少しずつ雲が切れてきました。切れ目から見えた月です。
月 7日

 近くに火星が見えています、一緒にはいるように写してみました。月がかなり明るくなっているので火星が衝直前といっても明るさに負けてしまっています。矢印のところにいます。
月と火星 7日
 これからますます接近していきそうです。5時間半後のようすです。かなり大写しができるようになっています。
月と火星 7日
 最接近は8日の13時過ぎです。8日の夕方の方が近づいていそうです。
 夕刻には、国際宇宙ステーションと中国の宇宙ステーションが出ています。中国の宇宙ステーションが6時過ぎに北西から右上にあがっていった約5分後にISSがほぼ同じ場所から左上に高角度であがっていき南東方向に進んで行きます。どう写そうか考えました。三脚の1台はカメラを傾けて撮影することができますからこれを北西方向に向けて中国製が通過した後にカメラを縦位置に変えて撮影を継続することにします。これとは別に南西方向上空の写真を写すことにします。
 カメラをセットして撮影しようとしたら、150枚ほどしか写せないことが判明しました。カードの容量不足です。カードを買えてもいいのですが、カメラの方を交換しました。ここで確認すると、この度は電池の容量が少なくなっています。急いで電池を交換します。充電したものに入れ替えたところだったと思うのですがどういう事なのでしょう。何とか写せた写真を比較明合成後、軌跡がわかるように画像処理をしています。衛星は見えていません。
中国宇宙ステーション 7日
 カメラを縦位置に変えようとしたのですが、考えていたのと反対側に傾くようになっています。予定とは違いますがまっすぐに立てて写したものです。このあたりでは見えていません。画像処理をしています。
国際宇宙ステーション 7日
 真上を向けていたカメラの写真です。
国際宇宙ステーション 7日
 北西方向を写していたカメラで南の方も写してみました。明るい星は木星です。
国際宇宙ステーション 7日
 真上を向けていたカメラにふしぎなものが写っています。南西方向に向かっていますから人工衛星ではなさそうです。候補としては飛行機があげられます。赤い点滅灯とかがないのと急に出現しているのが不可解です。
謎 7日
posted by ヨッシン at 00:00|

2022年12月07日

星の記録 12月上旬 太陽月宇宙ステーション

 星の記録を続けます。3日からです。太陽です。南半球の黒点群はかなりはっきりしてきました。北側にも新しい黒点がでています。他に北半球に2つ南半球に1つ見えます。
太陽3日
 月です。月齢は9.7です。
月 3日

 4日は月太陽とも雲の中でした。太陽は2時頃にちょっとだけ顔を出したのですがすぐに雲の中に入りました。この時間帯は望遠鏡を外に出さないと写せないので、またでてくるだろうとようすを見ていました。
 5日です。太陽は昨日同様2時頃にだけでていたので見ていません。日没が晴れてきたので月は見えました。月齢は11.7です。
月 5日

 6日です。太陽から。黒点がいっぱいです。北半球にはっきりしている2つ以外に2組の黒点群があります。
太陽 6日
 月です。東側の小さな窓から見えることがわかったので、ここから写しています。月齢は12.4です。
月 6日
 日没後、国際宇宙ステーションと中国の宇宙ステーションが2回ずつ見えると予報が出ていました。
 1回目は雲が多かったのでパスです。2回目です。中国のものが消えてからすぐにISSがでてきました。中国のものは暗いので全体に画層処理をしています。ISSは左斜め上にあがっています。ほぼ同じ場所から、直角方向右斜め上方向にあがっているのが中国のものです。他に飛行機はたくさん写っています。
宇宙ステーション 6日

posted by ヨッシン at 00:00|

2022年12月06日

星の記録 12月6日号 12月初め 太陽と月、木星

 昨日の報告からの続きです。12月1日の太陽です。中央付近北側と南側に一つずつかすかに黒点が見えます。
太陽 1日
 月です。昨日が上弦でした。月齢は7.7です。
月 1日
 月のすぐ上に木星が見えていました。カメラを用意している間に月は低空の雲の間に入り、再びでてきたときは月没直前でした。この感じだと明日夕方の方がもっとい近づいていそうです。
月と木星 1日

 2日です。太陽から。南半球東側に大きな黒点群が見え始めてきました。低緯度のところからも出てき炊いているようです。
太陽 2日
 夕方の月と木星です。画角いっぱいになるように写しています。
月と木星 2日
 月です。月齢は8.6です。
月 2日
 木星もついでに写してみました。ガリレオ衛星が見えます。木星に近い方からイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストでしょう。
木星 2日
posted by ヨッシン at 00:00|

2022年12月05日

星の記録 12月5日号 11月下旬太陽と月

 昨日からの続きです。25日は太陽月ともに見えませんでした。
 26日です。太陽から。見えていた黒点は観測日が飛び飛びになっていたためか、いつの間にか西の縁近くまで移動してしまっています。
太陽 26日
 月です。今月もやはり3日月から見え始めたことになります。1日2日は見るのが難しいのかな。月齢は2.4です。
月 26日

 27日です。太陽です、西の橋に移動してしまった黒点とちょっと中程まで来た黒点がかすかに見えます。
太陽 27日
 月です。薄雲を通してみています。月齢は3.5です。
月 27日

 28日です。太陽から。西側縁に近づいた黒点が濃くなっています。周囲に白斑も見えます。
太陽 28日
 月です。だいぶ太くなってきました。月齢は4.5です。
月 28日

 29日は太陽月とも見えなかったのでなしです。30日も雲が多く見えていません。日没近くになって、一瞬見えた太陽ですが雲の方が多いので何もわかりません。
太陽 30日
posted by ヨッシン at 00:00|

2022年12月04日

星の記録 12月4日号 11月中旬から下旬

 昨日報告分からの続きです。16日になります。太陽です。大きな黒点群はまだわずかに残っています。それ以外の黒点は東側からでてきているようないないような状態です。
太陽 16日
 月です。今日は下弦です。月齢は22.2です。
月 16日

 17日太陽です。昨日見えていたのは黒点だったようです。大きめの黒点が見えてきました。
太陽 17日
 月の写真は撮り損ねてしまいました。
 18日です。昼間は出かけていたので、太陽は撮影できていません。月です。でてくるのがかなり遅くなっています。24時をまわっての撮影になります。夜の撮影はそろそろ限界かな。月齢は24.3です。
月 18日

 19日の太陽です。日没近くになっています。西側にも小さな黒点が見えます。15日に見えていた黒点でしょうか。
太陽 19日
 この日から月の撮影はあきらめています。
 21日の太陽です。西側の黒点の北北東に2つ並んだ黒点が見えています。19日でもかすかに見えていたようです。
太陽 21日

 24日の太陽です。ずっと薄雲がかかっていましたが、日没の直前にくもが切れました。大気差の影響で形がひずんでいますし、虹色に分解しています。
太陽 24日
 日没直後の雲は、太陽の光が下からあたって赤く光っていました。
夕焼け 24日
 この日は新月です。でもこの雲ではどう考えても見るのは無理でしょう。
 
 
posted by ヨッシン at 00:00|

2022年12月03日

星の記録 12月3日号 11月中旬 太陽月など

 太陽と月の記録を続けますが、その前に11日朝にでていた雲の形が変わっていたのを報告ワシ忘れていたのでここでで報告します。
尾流巻積雲
 巻雲のようですが、巻積雲のような雲のかたまりもあります。別の雲です。
尾流巻積雲
 巻積雲で、尾流状になった部分が細長く流されているように見えます。尾流状になるのは、降雨(降氷晶?)によるものとされています。これがたくさんできていました。ほとんど鎌型に曲がって見えるものです。
尾流巻積雲

 太陽と月の記録を続けます。15日までは報告済なので、その続きの14日からです。
 太陽です。大きな黒点のかたまりはだいぶ西側の縁に近づいています。
太陽 14日
 月です。月齢は20.1です。
月 14日

 15日の太陽です。黒点群が見えるのはあと1日くらいでしょう。小さな黒点が一つあります。まもなく真ん中に来そうです。
太陽 15日
 月です。月齢は21.2です。
月 15日
posted by ヨッシン at 00:00|

2022年11月14日

星の記録 11月14日号 11月中旬月と太陽

 機能の報告からの続きです。10日の太陽です。3つのうちの真ん中の黒点は2つに分かれてきたようです。
太陽 10日
 月です。月齢は16.0です。
月 10日

 11日の太陽です。真ん中の黒点は明らかに2つに分かれて見えます。周辺や上の黒点との間とかに小さな黒点が出現しています。
太陽 11日
 月です。月齢は17.0です。
月 11日
 夕刻に火星と月が接近しているのが見えました。もう少し近づく夜半ごろにいっしょのところを写してみました。ちょっと遅かったようです。月の模様がわかるようにだいぶ暗くしたので、火星の位置が見難いかもということで場所を示しています。
月と火星 11日

 12日の太陽です。真ん中の黒点から分離してできた黒点は後方の黒点との真ん中くらいまで移動しています。周囲に小さな黒点がたくさんあります。
太陽 12日
 月です。東の空に昇ってくるところを写していますか、だんだんでてくる時刻が遅くなっています。月齢は18.1です。
月 12日

 
posted by ヨッシン at 00:00|

2022年11月13日

星の記録 11月13日号 11月上旬月と太陽

 6日号からの続きです。6日の太陽です。西側にでてきた黒点群は出そろったのでしょうか。まだ後方に白斑が見えています。
太陽 6日
 月です。雲がかかっていてはっきりみえません。薄雲の間からやっと見えたときのものです。月齢は12.2です。
月 6日

 7日の太陽です。西側の黒点群は出そろっていたようです。大きなものが3つあります。
太陽 7日
 月です。だいぶ丸くなっています。明日の満月は月食になります。月齢は13.2です。
月 7日

 8日の太陽です。3つの黒点の並びがはっきりしてきました。北西側に裏に回りかけている黒点と白斑が見えます。
太陽 8日
 8日の月は皆既月食ということで別途報告済です。
 9日の太陽です。西側の黒点は見えなくなりました。3つの黒点ははっきり見えます。真ん中の黒点が東西に伸びてきているようです。
太陽 9日
 月です。西の空に回ってくるのが夜中を回りそうなので東の空に昇ってきたときに写しています。西側からかけてきているのがわかります。月齢は15.0です。
月 9日

 
posted by ヨッシン at 00:00|

2022年11月12日

8日の皆既月食・天王星食 問題点など

 観測でやり忘れたこと、出来事、その後のようすなどを備忘録がてら整理しておきます。

 観測会には参加者が20人ほどのきました。場所のわりには大盛況でした。鳥の写真撮影が趣味という人が、いっしょに写そうということでカメラ持参で参加していました。
 毎回そうなのですが、望遠鏡からスマホで写真を撮りたいという人がでてきます。取り付けできるような器具が売られているようですが、使っている望遠鏡に合うのかどうかわかりません。今回の場合は、カメラのファインダーから撮影していましたが、視野にあるマークやゴミなどもいっしょに写ってしまいます。このあたりも何とかしたいとは思っています。
 終わってからいくつか解決策のヒントになりそうなことがわかりました。1つは、WIFI機能のついたSDカードを使えば撮影画像をダウンローできそうなことです。このカードは2枚持っています。ところが、マニュアルにはデータをダウロードするにはスマホにアプリをインストールしないと使えないと書かれていました。いちいちアプリを入れるのも面倒です。なにか他の方法はないものかと調べ直してみたところ、別にアプリがなくても画像データをダウンロードできることがわかりました。それなら、「カメラが記録している写真をダウンロードしてね」で対応できそうです。自分で写すのがいいというならそれでもいいでしょう。スマホを動かしたり傾けたりしながらいろいろ試して写すのが楽しいのかも知れません。誰がきれいに撮れるかで競っていたということもあります。
 ダウンロード方法をメモしておきます。カードのWIFIとしての動作モードは2つあって、接続の親機となる場合と子機となる場合です。子機にするには特殊な設定が必要ですし、どこかのWIFIのアクセスポイントへカードをつなぐ必要があります。普通は自宅となります。ここでの問題は、参加者のスマホはSDカードがつながっているアクセスポイントにつながないとデータを見ることができません。見てもらおうとなるとアクセスポイントのパスワードを公開しないとできません。パスワードを教えるとなるとWIFIにつながっているパソコンのデータも見られるようになるのでこの方法は却下するしかありません。
 SDカードを親機として使う方法です。というより特殊な設定をしない限りは親機として機能します。この状態でSDカードが作るアクセスポイントに接続します。別のWIFIとつながっていればそれを切断してからでないとつながらないようです。接続できればスマホのブラウザを立ち上げ、アドレスバーにローカルネットワークでのSDカードのIPアドレス(基本的な値です)を入力する事で、ホームページ風の画面がでてきます。ここからはデータを閲覧したりダウンロードしたりするモードを選択できます。
 試してみましたが、画像一覧が表示されるまで意外と時間がかかります。何人も同時にとなると、さらアクセスに時間がかかるでしょう。一人ずつ順番にということになりそうです。更に懸念しているのは、WIFIの分だけ電池の消耗が激しくなり、すぐにバッテリー切れにならないかということです。電源延長コードを持ってきてACアダプターからカメラの電源を供給することもあるでしょう。
 カメラにもWIFI機能がついています。これ経由で画像をみたりカメラを操作することができるようですが、アプリのインストールが必要なようです。これも見てもらうためだけにやってもらうわけには生きませんから、こちらを使う方法も却下します。

 カメラのマニュアルをチェックしているとカメラからHDMIケーブルを通してモニタでライブビューが見られると書かれているのを見つけました。この方法も検討の余地がありそうです。参加者の中には、腰がかがめない、膝が曲げられないという理由で望遠鏡をのぞけなかった人もいます。せっかく来てもらったのに残念です。モニタででも見られれば多少は来た意義ができそうです。これをするとなると、電源延長ケールは必要になります。HDMI変換ケーブルも購入する必要があります。カメラのACアダプターも必要になるかな。過去には通りがかりの人が記録した画像を表示しているパソコン画面を写したということもありました。こういう人がでてきても別に気にはしません。

 月食撮影で一番の困った君は、インターバル撮影時には、カメラの露出等を操作できないことです。月食の初めは適正露出でも進んで行くに従って、暗くなって、皆既食になると全く何も写っていないということになります。望遠鏡での拡大撮影くらいになってくると自動露出に設定しておけば何とか写ってくれます。今回の場合は、極軸が設定できなかったことで、月の位置が動き回ったので、うまくいきませんでした。固定撮影等で、月の動きとともに写すとなると、どうしても絞り値やシャッター速度を変える必要がでてきます。前回の月食からの課題でした。
 WIFIやUSB経由でカメラが操作できるようです。これを利用する場合も、アプリのインストールが必要なようです。アプリでできる事を確認してみると、一定時間間隔で撮影するというモードはついていません。いちいち撮影アイコンをタップしないといけないというのは、ケーブルスイッチを使うより不便です。この方法は却下の対象となります。
 撮影して画像を確認してみると、明るさコントラストを調整することで、少しは見ることのできる画像にできました。それなら、RAWで保存しておけば信号解像度が大きくなるので、露出を変えて写したのと同じ効果が得られます。終わってからの処理が煩雑になりますが、何が写っているのかわからない写真がたくさんあるよりはいいでしょう。
 もう一つ気がついたことがあります。古いカメラのレンズなら、絞り環がついています。月食の始まりでは、一番絞った状態にしておいて、時間の経過とともに次第に開いていけば、暗くなるのに対応できるのではという気がしてきました。次回挑戦することにします。この方法の利点は、絞り環のついているレンズは、ピントリングにも距離目盛がついているので、今回のような大幅なピンぼけは避けられそうな気がします。
 インターバル撮影でのもう一つの問題点は、撮影した画像が見られません。これについては、WIFI経由で見られそうということがわかりました。でもいちいちWIFIつきSDカードを使うのもどうかなという気がします。それに、流星やISS撮影では、2台以上同時にインターバル撮影しています。電波が干渉しないかということと、どうやって2つを識別するのかがよくわかっていません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回の観測での一番の問題は当日の準備が間に合わなかったことにあります。2台のカメラがほとんど有効に活用できませんでした。余裕を持って準備していれば、セッティングがうまくいかなかったり、記録開始忘れといったことは防げたでしょう。三脚に赤道儀やカメラを固定でいなかったこと関しては、三脚自体が相当古いものなので、締め付け部分にだいぶがたがきていることが原因でしょう。ふだんはきちんと締まっているように見えます。新しいものに買い換えた方がいいのでしょう。
 基本的な事での準備忘れは、カメラの電池をフル充電状態にしていなかったことくらいかな。もっとも、フル充電でも、長時間の使用では途中で容電池切れになってしまうこともあります。カメラの時刻合わせをしていませんでしたので、記録されている画像の時刻がずれていました。
 望遠鏡のバッテリーは終わってから見たところ、使用禁止レベルまで下がっていました。もともと、10日ほど放置しただけで電圧レベルが下がっているので、どちらかというと寿命のようです。いろいろな付属機能のついたバッテリーなので、このあたりをバッテリー破棄と同時に破棄しないといけないとなるとたいへんな無駄なように思えます。鉛電池の部分だけの交換というわけにはいかないのでしょうか。このあたりは販売店との相談になります。余分な機能はいらないことにして、その他の充電池にしてしまう方法も考えられます。自宅周辺では延長コードとACアダプターの使用で何とかなりますが、遠征先ではそうもいきません。基本的には鉛蓄電池の破棄は簡単ではないのでできれば別の形式のバッテリーに何とか解決策を見つけたいものです。

 望遠レンズに望遠鏡用接眼レンズをつけた手製望遠鏡はのぞくのを忘れていました。天王星が見えるかもということで設置していました。この間はカメラのファインダーでは見えませんでしたし、手元にある全ての双眼鏡でも(空の暗いところなら見えるんだけどもなぁ)確認できませんでした。できる事は全てやっておくべきでした。取り付け位置がちょっと見づらい位置にあるのは問題です。

posted by ヨッシン at 00:00|

2022年11月11日

8日の皆既月食・天王星食 観測会望遠鏡編

 観測会に使った望遠鏡での記録です。まずは観測開始時の月のようすから。皆既食開始の頃のものですが、だいぶかけているように見えます。
皆既月食

 皆既食になる直前のものです。ターコイズフリンジがきれいに写っています。
皆既月食

 皆既食になってからの月です。左下に天王星も写っています。
皆既月食 天王星

 この直後に、天王星とすばるを見ることにしました。望遠鏡からカメラをはずし、接眼レンズを取り付けます。天王星を見た人たちの第一声は「ちっちゃ」でした。何とか見える明るさでしたからね。
 すばるは肉眼では見えなかったのですが、何とか入れることができました。最低倍率でみても、すばるは視野全体からはみだしています。レデューサかクローズアップレンズを使っても視野内に収まっていたのかは不明です。火星は見えていませんでした。もうすぐ、天王星食が始まるということで再びカメラを取り付けて撮影を始めます。正規の位置(右が北)より左に約45度回転して取り付けていました。撮影は20秒インターバルです。
 天王星食直前の写真には、月の向こうから星が3つほどでてくるところが写っていました。星の部分と天王星の部分をを約9倍になるように拡大したものを横につけています。下が天王星です。これでは見えませんが、天王星の横に暗い星がいくつか写っているようです。衛星なのかも知れません。
皆既月食 天王星・星食

 天王星が隠れているところです。先ほどの写真より天王星は隠れた分だけ暗く小さくなっています。
皆既月食 天王星食

 この後、火星がでてきているのが見えたので、火星も見ることにしました。大きなマンションにかかってその上まで昇ってくるのにだいぶ時間がかかったようです。かなり揺らいでいました。再びカメラに切り替え皆既月食の続きを撮影します。皆既食終了直後のものです。月面の端っこから明るくなりターコイズフリンジが写っています。
皆既月食

 天王星が月の向こう側から出てくるときのものです。拡大部分は、明るさコントラストを調整しています。
皆既月食 天王星食

 最後の方の写真です。この頃にはお客さんは帰っていなくなっていました。それでも個人的に自宅前で見ていた人もいたようです。建物にかかり始めた影響が出ています。
皆既月食終了

 写真が写せなくなったところで、機材を撤収します。
posted by ヨッシン at 00:00|