2022年12月20日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)140 三木市秀吉本陣跡 段状平坦地群

 次に向かうのは秀吉本陣跡です。何のことかよくわかっていませんでした。秀吉が三木城を攻めたときに、城を取り囲むように付城を作りました。その中で、秀吉が陣を引いていたところです。正式には平井山ノ上付城というようです。場所は平井公民館横の道を進んでいったところ駐車場があります。
 駐車場から本陣跡への登り口の前に説明板があってそこに詳しい地図の書かれたパンフレットが置かれています。いただいて登っていきます。といっても、暑さにだいぶ参っています。最初の急斜面を見てだいぶ怖じ気づいています。とりあえずいけるところまでということで登ることにしました。
 登ってすぐにお社がみえてきました。愛宕社と書かれています。付城との関係は不明です。
三木市秀吉本陣跡 愛宕社

 ここから先は平坦になっています。これなら何とかいけそうです。
三木市秀吉本陣跡

 ヒグラシがよく鳴いています。目の前に飛んできて近くの木に止まったものもいました。
三木市秀吉本陣跡 ヒグラシ

 看板がみえてきました。段状の平坦地群と書かれています。秀吉の兵が平坦になった場所で待機していたそうです。ここからは急斜面になっています。見ながらですからゆっくり登るので何とか上までいけるでしょう。
三木市秀吉本陣跡 段状の平坦地群

 平坦になっている場所です。木が多く平坦な場所がどこなのか、ゆっくり探さないとわかりません。
三木市秀吉本陣跡 段状の平坦地群

 真ん中に木が生えていますが、ここも平坦な場所です。幅は横になったらいっぱいいっぱいというところでしょうか。ここで2年もの間生活していたのでしょうか。気になります。
三木市秀吉本陣跡 段状の平坦地群

 登りきったところで尾根にでます。ここから少し平坦になるので歩くのは楽になりました。この道は太閤道と呼ばれているそうです。
三木市秀吉本陣跡 太閤道



posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月19日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)139 三木市竹中半兵衛の墓

 久留美東橋からは、竹中半兵衛の墓まで行く予定です。ハイキングコースが整備されているはずです。どこにあるのか探しながらいくことにします。橋から川岸の斜面を登っていく途中にコースを説明する看板があります。これからするとここから左の方に入って行くようですが、どう見ても藪です。いけそうにもないので来た道を引き返すことにします。
三木市 久留美東橋 道案内

 いったん斜面の上にある舗装された農道に出てから左に進んで行くと、農道が右折する所から道なのかただ草を刈り取った場所なのかわからないところがまっすぐ続いています。その先には、しっかりとした案内標識があり竹中半兵衛の墓0.5kmと書かれています。普通の山道のようです。歩いてならいけそうですが、自転車があります。すぐには終わりそうですが、長いと困ります。距離が読めないので、来た道を引き返していくことにしました。
三木市 久留美東橋 自然歩道

 平井公民館から来るときは下り坂で楽でした。戻りはちょっと坂がきついようです。ずっと押して登っていました。平井公民館の横を通り過ぎて真っ直ぐ行くと、竹中半兵衛の墓と書かれた案内標識があります。距離が書かれていませんから、すぐ近くのようです。右に矢印があります。周辺にそれらしいものは見えません。奧に土塀で囲われた一画がありますが、私有地のように見えます。気温が高くへばっているのでいく元気はわずかしかありませんがいってみました。
三木市 竹中半兵衛の墓 案内標識

 土塀で囲まれた中に、墓石のようなものが見え横にある看板に竹中半兵衛の墓の説明が書かれています。秀吉の三木城攻め最中に陣中で病死したそうです。
三木市 竹中半兵衛の墓

 これが墓石かな。竹中半兵衛重治墓と書かれています。
三木市 竹中半兵衛の墓

 前に並んでいる石灯籠の1つです。文化三年に作られたと銘があります。1806年だそうです。
三木市 竹中半兵衛の墓 石灯籠


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月18日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)138 三木市久留美 美嚢川

 川底を再度注意しながら、橋があるところに戻っていきます。岩盤の岩が黒くなっているところがありました。木の幹の化石のようにも見えます。何か黒いものがこびり付いているだけかも知れません、調査用具は持ってきていませんし、最近はたたいたりするのは避けています。もし幹の化石だとすると、直立樹幹化石といって、立木がそのまま化石なったものの可能性もあります。
三木市久留美美嚢川 直立樹幹化石

 これも黒くて何となく模様が見えます。木の実の化石にも見えますが、そうでないようにも見えます。何なのでしょう。
三木市久留美美嚢川 種子化石?

 橋近くまで戻ってくると、対岸にも丸い穴が見えます。見に行くために、いったん橋の左岸側に戻ります。丸い穴がありました。ここには、蛇がやってきていました。それにしてもこの穴はきれいにまん丸です。穴の形はきれいな円柱形のように見えます。あまりにもきれいすぎます。
三木市久留美美嚢川甌穴?シマヘビ

 丸い同心円状の模様が見えます。丸い穴に木の幹が詰まっているように見えます。幹は炭化していなく何となく新しそうに見えます。幹と穴の壁に少し隙間があって何かが詰まっているように見えます。
三木市久留美美嚢川甌穴?

 もう一度橋を渡って、上流側を見ることにしました。いけるところまでいったのですが、丸い穴をありませんでした。
三木市久留美美嚢川河床

 丸い穴は、甌穴とされています。そのように考えるには、不自然なところがいくつか見られました。列挙してみます。
 橋の近くだけにあること/直線的に並んでいること/穴の形が円柱形できれいすぎること/穴の周辺に紙やすりで削ったような滑らかなところが見られないこと/生々しい木が詰まっていること です。
 以上のことを総合して考えると、この付近に見られる丸い穴は、橋の柱を立てるために開けた穴のようにみえます。もちろん、甌穴を利用して柱穴にしたということは否定できません。
 観察はここまでにして戻っていくことにします。川岸に見られる地層です。上流側にわずかに傾いています。
三木市久留美美嚢川川岸地層

 林の入口の湿ったところにたくさんのカエルがいます。ツチガエルといっているのものです。小さいものばかりなので、オタマジャクシから育った直後のものなのでしょうか。尾の残っているのものはいませんでした。先ほどの蛇はこれをねらっていたのでしょうか。
三木市久留美美嚢川ツチガエル


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月17日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)137 三木市久留美東橋

 大日本標準子午線の標柱からハイキングコースは右に進む事になっています。そのまま美嚢川に沿って進み、久留美東橋を渡って向こう側に進んで行くと竹中半兵衛の墓につきます。久留美東橋は車では通れませんから、上流側か下流側のどちらかに迂回することになります。わかりやすいのは上流側ですから、こちらからいきました。道のりは4kmほどになります。
 竹中半兵衛の墓へは平井公民館に車を駐めるようにネットには書かれています。公民館の入口にも、墓への駐車場と書かれています。はいってみたもののどこが駐車場の区画なのかはっきりしません。入って右側の広くなっている所の奧に駐めました。
 これが平井公民館です。入った所から反対側から見ています。
三木市 平井公民館

 ここからは、竹中半兵衛の墓に行くことになります。その前に、ハイキングコースの順番としては、久留美東橋が抜けています。ちょっと離れていますので、自転車で行くことにしました。坂がありそうなのが難点です。公民館からは、大きな道路を渡ってまっすぐ美囊川沿いに行けばつきそうです。はっきりといけるという保証がありません。戻ってくるとなると登り坂になりそうなので、確実にいけそうな大きな道路に沿う経路でいくことにしました。下り坂なのでいくときは楽です。
 道路は川から離れていきますから、途中から美嚢川の方に行く道を進みます。林の間を下りて行く道があって、そこを進んで行くと久留美東橋が見えてきました。
三木市 久留美東橋

 久留美東橋は潜水橋と呼ばれるタイプの橋です。洪水が頻繁に起こる川では橋桁を低くして、欄干などを設けないで、洪水の影響を受けにくい形にしています。四万十川では沈下橋と呼んでいるものと同じです。
 加古川水の新百選によるとこの付近の河床に甌穴ができているとのことです。少なくともこれができるためには、岩盤が露出している必要があります。川の下流側を見ると岩盤がでているのが見えます。
三木市 久留美東橋美嚢川河床

 足元を見ると、丸い穴が開いているのが見えます。
三木市 久留美東橋甌穴

 潜水橋を渡った向こう岸の岩盤の中にたくさんの丸い穴が見えます。これを甌穴としているのでしょう。でも何となく違和感があります。
三木市 久留美東橋甌穴

 橋を渡って岸に沿って下流側に行ってみました。橋から離れると丸い穴は見られなくなりました。一番端まで来たところから上流側を見たようすです。
三木市 久留美東橋河床

 水たまりのようになっているところの川底を見ると、岩にこびり付いたコケのようなものにたくさんの泡がついていました。天気がいいので盛んに光合成をしているようです。珪藻なのかな。
三木市 久留美東橋 水藻


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月16日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)136 三木市弁慶の足跡石

 まだ帰るまでには時間があるみたいなので、もう少しまわっていくことにします。といっても、暑さでだいぶへばっています。どこまで体力が持つのか心配です。
 加古川水の新百景によると、小野市の南隣にある三木市を流れる美嚢川(みのがわ)に甌穴があるようです。久留美・与呂木ということだけで詳しい場所ははっきりしません。久留美にある久留美東橋付近で川原に下りられそうなのでこここにいってみることにします。付近にはいくつか名所があるようです。三木市はそれらをめぐるハイキングコースが整備しています。順番に、弁慶の足跡石から久留美の潜水橋(久留美東橋)、竹中半兵衛の墓、秀吉本陣跡と続いています。ついでにこの付近もめぐってみることにしました。
 最初に行くのは、弁慶の足跡石です。美嚢川沿いにあります。道は狭く車でのアクセスは少し不便です。三木市街に入るところで道を間違えました。その後も予定したコースには入れなかったようです。位置ははっきりしていますから、カーナビの示す位置を頼りに何とかたどり着くことができました。車を進めてきた三木市街がある側に道路が少し広くなっているところがあったのでそこに車を寄せて駐めました。
 道脇に弁慶の足跡石と書かれた説明板があって、その両側に石が並んでいます。左側の石の表面に、足跡のような形をした窪みが見えます。
三木市弁慶の足跡石

 裏側にまわると、といっても奧にある田んぼとの間は非常に狭いのですが、石に仏様が彫られているのが見えます。どちらかというと、こちらが表側のような気がします。古地図によると、この付近にお寺があって、その山門があったところにあたっているとか。
三木市弁慶の足跡石

 ちょっと離れたところを美嚢川が流れていますから見いきました。川ではカワウが休んでいました。
三木市 美嚢川カワウ

 川の真ん中に、岩が取り残されています。削られなかった岩盤のように見えます。神戸層群と呼ばれる、古第三紀の地層のように見えます。
三木市 美嚢川

 川の堤防から、弁慶の足跡石の方を見ると、石仏さんが並んでいるように見えます。その向こう側が、道路になっていますから、看板はこちらから見ると裏側になります。
三木市 弁慶の足跡石

 車に戻って、道をそのまま進んで行きます。大きな交差点の左側に、大日本標準子午線と書かれた標柱が立っていました。そういえばこのあたりが東経135になりますね。標柱の左側に、ハイキングコースを示す標識もあります。左へが弁慶の足跡石0.8km、右へは竹中半兵衛の墓1.5kmとなっています。
三木市 大日本標準子午線標柱


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月15日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)135 ひまわり公園ひまわり花壇2

 ヒマワリ花壇の続きです。
 ヒマワリの花は下を向いて咲いているので、どうしても下から見上げる形での撮影になります。横を向いて入れは向こう側のものとあわさってたくさんさいているように写せそうです。そうできないのが残念です。何とかたくさんあるように写せたものです。頭が垂れているのはしかたがないか。
ひまわり公園ひまわり

 これもヒマワリかな。花序全体が小さく、舌状花に比べて筒状花の数の割合が普通の菊と同じくらいになっています。どちらかというと黄色の野菊に近い感じです。
ひまわり公園ひまわり

 花序の真ん中が膨らんできていてたくさんの花がついていますから、これもヒマワリではないのかな。
ひまわり公園ひまわり

 ひまわり花壇とキッチンフルーツガーデンの間は、林檎の木が植えられていると書かれていました。その境界部にあった木です。書かれていたようにリンゴのように見えます。
ひまわり公園 リンゴ

 ここからのひまわり花壇です。向こう側に背の高いひまわりがあるのでちょっと花が多いように見えます。
ひまわり公園ひまわり

 物産直売所の反対側から駐車場側に戻ります。横にキッチンガーデン休憩所があって、そこに植えられていたブルーベリーに実がついていました。2本あったのは別の種類なのかな。1本とか同じ種類だけだと実がならないといわれています。
ひまわり公園 ブルーベリー

 あじさいの花もありました。
ひまわり公園 あじさい


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月14日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)134 ひまわり公園ひまわり花壇

 ひまわりの花が見られる場所は、農産物直売所の裏手にあります。パークセンター玄関正面から裏手にまわる道があります。直売所建物の横を抜けるとひまわり花壇が見えてきます。
 たくさんのひまわりがありますが、ひまわり畑というほど広くはないようです。奧にひまわりの塔やキッチンフルーツガーデンの青いガゼボが見えています。
ひまわり公園 ひまわり花壇

 たくさんの花をつけているヒマワリです。下を向いていて元気がないように見えます。今日は暑いですからね。水切れでしょうか。
ひまわり公園 ひまわり

 花の終わったヒマワリの花序にネットが被せられていました。ヒマワリ畑のヒマワリが刈り取られているのに対して、ここのものが残されているのは、このようにして種をとるのが目的だったようです。花壇の入口には種を取らないでくださいと書かれていました。
ひまわり公園 ひまわり

 ひまわり畑もどうして種を収穫しないのでしょうか。もう少しで収穫できるのに。気になります。
 ヒマワリで、1つ気になっていることがありました。自宅近くのヒマワリには、グンバイ虫がたくさんついていました。この虫が全国というか、近畿地方で広がっていないのかということです。よく見るとたくさん虫がついていました。食害で葉がまだら模様になっています。
ひまわり公園 グンバイ虫

 ネットのなかったヒマワリの種です。落ち始めているものがあります。それとも誰かが持っていったのかな。
ひまわり公園 ひまわり

 オレンジ色のヒマワリです。こっちの方がちょっとだけ元気なように見えます。でも下を向いています。
ひまわり公園 ひまわり

 拡大してみました。
ひまわり公園 ひまわり


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月13日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)133 ひまわり公園修景池

 キツネ塚から奧は、運動場のようなところなので、進むのはここまでにします。向きを右に変え、物産館のある方向に向かいます。泉の広場があって、その先に池が見えます。修景池というようです。スイレンと蓮の花が咲いています。
ひまわり公園 修景池

 池の縁で咲いていた赤紫色の花です。名前はわかりませんでした。調べる方法も思いつかずお手上げでしたが、最近になってミソハギということがわかりました。日本にはわりと普通にある植物のようです。いままで見かけたことがなかったというのがふしぎです。
ひまわり公園 ミソハギ

 ハスの花です。ここのものは白い色をしています。昼をまわっていますから、開いているのはほとんどありません。何とかあるのは、終わりかけの花です。
ひまわり公園 ハス

 池にはたくさんのオタマジャクシがいます。
ひまわり公園 オタマジャクシ

 池で咲いているスイレンです。
ひまわり公園 スイレン

 次にいこうとしているのは、ひまわりの咲いているところです。すぐ横にあるのですが柵があって中にはいることができません。しかたがないので道に沿って農産物直売所入口の方に戻っていきます。
 道沿いには花壇があっていろいろな花が咲いています。円形花壇で見たものと同じ花かな。
ひまわり公園 花壇

 農産物直売所の横に来たついでにパークセンターとかものぞいてみました。地図が欲しかったというのがあります。他にも小野市の観光案内とかあればと思ったのですが、手に入りませんでした。
 パークセンターの横では、ゴーヤの実がなっていました。これはグリーンカーテンなのかな。葉がすかすかです。
ひまわり公園 ゴーヤ


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月12日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)132 ひまわり公園円形花壇

 花の小径から奧の方に、ひまわりの塔が見えます。小野市のシンボルとして建てられたもののようです。ひまわりがモチーフで、一番高いところにある四角い石にひまわりの花が彫られています。
 ひまわりの塔の周りには円形花壇とかがあるようです。公園の範囲はここまでのようです。どんな花があるのか見に行きました。
ひまわり公園 ひまわりの塔

 円形花壇ではいろいろな花が咲いています、見てわかるのはオレンジ色のマリーゴールドくらいです。
ひまわり公園 円形花壇

 いろいろな色の花が咲いている場所です。大きな赤い花だけわかります。カンナです。久々に見ました。
ひまわり公園 カンナ

 ハーブ園とかもあるようです。持ち歩きのできる案内図がないのでこれがあるということ自体わかっていません。何となくハーブっぽいものを写しています。ローズマリーかな。よく考えたら匂いをかげばよかったですね。
ひまわり公園 ハーブ?

 塔の右側は岩を配置して庭園風になっています。ロックガーデンかな。他に兵庫県産の溶岩石を配置したドライガーデンというのがあるようですがどれのことかわかって
ひまわり公園 公園風景
いません。その向こうはわんぱく広場で木製のジャングルジムのような海賊船パニックワールドがあります。
 ロックガーデンを通り過ぎて振り返って見えたひまわりの塔です。
ひまわり公園 ひまわりの塔

 わんぱく広場を通り過ぎたところ、トイレの前にキツネ塚古墳があります。2つ並んでいます。こんもりと盛り上がっていないのは古墳らしくありません。キツネが住んでいたのがその名前の由来とか。
ひまわり公園 キツネ塚古墳


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記

2022年12月11日

2022年日帰旅(08/08小野市向日葵)131 ひまわり公園キッチンフルーツ園

 花の小径の両脇にある花壇から奧にも、植物が植わっていて散策できるようになっています。区画によって植えられているものが違っていて、キッチン&フルーツガーデンとか名前がつけられているようです。洋風の休憩所のようなものがあります。ここで遅めの昼食をとりました。疲れたらガゼボで休憩をと書かれていました。頭が「?」でしたが、洋風の東屋のようなものをいうようです。
 ガゼボは、ローズガーデンと呼ばれる区域の中にあります。周囲にバラがあるか見ると、咲いているのがありました。匍匐性というかつる性のバラが支えがないために地面を這っているように見えます。
ひまわり公園 バラ

 入口側のキッチン&フルーツガーデンです。真ん中の木はオリーブです。その下にはトマトなどが実っています。木の間から見える青い構造物がガゼボです。
ひまわり公園 オリーブ

 横に香りの径というのがあるようです。ラベンダーがあるみたいですが、見たのはこのタイムです。名札であるからわかったのかと思いますが、実際にはいろいろなものが混じっているようです。
ひまわり公園 タイム

 気になったのは、ウリ科の大きな実が地面に転がっています。ヘチマかと思ったのですが、ひょうたんと書かれています。特有のくびれはありません。
ひまわり公園 ひょうたん

一番奧にある大きな木です。葉の形が半纏に似ているのでハンテンボクといいます。別名はユリノキです。
ひまわり公園 ハンテンボク

 花で目立っていたのはノウゼンカズラです。
ひまわり公園 ノウゼンカズラ


posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記