2022年12月02日

花便り 12月号

 先月末あたりから急に寒くなってきました。それまでは、キンギョソウとかストックいった春の花がたくさんさいていました。この寒さでどうなるのでしょうか。
 この中から今月の花としては、アリッサムをあげておきます。風当たりが強いせいか、上の方にはのびず地面を這うように広がっているので、迫力に欠けています。
アリッサム
 花自体は小さいのですが、たくさん集まっているのできれいです。もう少しいろいろな色があるといいのかも。
アリッサム
 花穗を見ると、大きくなっている実が見えます。
アリッサム
 このアリッサムは買ったものではなく、自然と生えてきたものです。買った花苗の土に落ちていたのが芽吹いたようです。初めは何なのかわかりませんでしたが、育ててみて始めてわかったものです。時々でてきた芽を育てていますが、大概はその付近で見るような雑草が多いようです。
 土についてきた種から育った苗は枯れましたが、その時の枝を挿して育てたものが最初にあげた苗です。い芽ではこぼれ種から、他の鉢で発芽しているものもあります。
アリッサム
 横のカランコエも落ちた葉っぱから根を伸ばしています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 先月末から急に寒くなってきたので、一部の鉢を室内に取り込んだのと、ビニールハウスを組み立てその中に入れたものがあります。室内は、ベゴニア(ふだんから室内です)、パイナップル、カランコエです。一部の日々草も室内に入れています。セントポーリアは枯れたので今年からはなしです。これはちょっとハードルが高いようです。
 ビニールハウスは、夏場はすだれハウスとなっていました。すだれを取り外して、ビニールを被せただけです。暖房は入れていません。中にいれたのは、ハーブ類とニチニチソウですが、だいぶ余裕があるので外でも大丈夫なものも一部入れています。
 水やりはビニールハウスではビニールをめくりにくいことから2〜3日おき、室内のカランコエは一週間おきくらいになりそうです。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年12月01日

12月になりました

 12月になりました。後1月で1年が終わろうとしています。
 今月いっぱいで補助のための登録締め切りになるものがいくつかあります。
一つは、全国旅行支援制度です。コロナで旅行業界が打撃を受けたということで始まったGOTOトラベルを継承したものです。条件を見る限りでは宿泊施設に泊まらないと補助金をもらえないようですが、まだ宿泊施設という気分になれないので使えずじまいに終わりそうです。
 実際のところ、感染者数が増え第8波とかいわれるようになったのは、一気にコロナ対策の緩和をしすぎたのが原因と思っています。もっとようすを見ながらした方がよかったのではないでしょうか。
補助率を下げてしばらくの間続けるという話も出ています。車でいってとまるのはもう少し感染者数が少なくなれば始めて見てもいいのではとは思っています。でも終了までに間に合うのかどうかわかりません。これから寒くなってくると旅行にでかけることが少なくなります。延長されても使う機会はなさそうです。もうちょっと補助率を下げて、その分期間を延ばしてくれた方がうれしよかったのではと、個人的感想です。もともと額が大きすぎます。
 2つ目は、マイナカードの登録です。個人的はマイナンバーでじゅうぶんです。番号さえわかればいいのでカードは必ずしも必要とはいえないと考えています。それに付属的な機能がついてもメリットは全く感じません。むしろ、紛失した時などに個人情報がもれたり、登録されたいくつかの機能を悪用されたりといったことの方が心配です。政府はその心配はないとはいっていますが、どこまで中身がついて行っているのかわかりません。健康保険証や運転免許証を併合するとかいっていること自体からして大丈夫なのかなと感じます。
 これから年末にかけて申請者が急激に増えるとは思えないので、まだしばらくは今後のようすを見ようと思っています。
 3つ目は、節電応援キャンペーンです。これも今月中の申し込みまでとなっています。電気に関しては、必要最低限しか使っていませんから、これ以上減らせる見込みは全くありません。どうしてもということでできることといえば、パソコンの稼働時間を減らすくらいです。いつもは夜中まで使っていますから、これを早めに切り上げて、そのために早く寝て夜の電気を点けないで済むようにするくらいしかありません。
 できる事はありませんが、参加すると表明するだけでポイントがもらえるみたいのなのでやってもいいのかなと思います。ここ数ヶ月で上がった電気代の半年分くらいは戻ってきそうです。
 ガソリン代の補助にしてもそうですが、ふだんからこういったものを無駄に使っている人の方が、言い換えれば富裕層の方がメリットをたくさん受けるという制度はやめて欲しいなとは思います。コロナの時にあったような、基本料金の半額補助とかそんなのの方がいいような気がします。でも、それだと電気使用量は減らないかな。逆に、単価を上げたほうがいいのかも。ガスにとかいろいろやり出したら切りがありません。気にする人は、補助がなくても減らすはずです。

 一番悩んでいるのは、こういったことは登録しないといけないことです。あまり個人情報をいろいろなところに登録したくはありません。すぐに登録をとなるのは困りものです。
 先日も、SNSを見ていると途中からログインしろと表示がでました。みると、別に持っているサイトのアカウントからログインしたところそのサイトにも登録されてしまったようです。さらに多くの個人情報を記入しないといけないようだったので、でたらめに入力して即退会手続きをとりました。30日は抹消されていませんが使うことはないでしょう。

 最近パソコンでも困ったことが起こっています。使っているソフトウェアが更新するたびにおかしなことが発生しています。
ウェブブラウザでは、ブックマークがなくなってしまいました。メールソフトでも、アドレス帳や受信履歴がクリアされました。こんな事があると元に戻すまで1日がかりです。もっとかかるかな。この2つは、しょっちゅう更新してくださいとなります。そのわりに、スケジュール帳とかどうでもいいような機能の更新や修正だったりします。
 ウィルス対策ソフトもこの前の更新後、作動するたびにデスクトップに desktop.ini ファイルができるようになりました。デスクトップには一時作業用のファイル以外は置きたくないので削除するのですか、ひと手間増えてやっかいです。このファイルは削除したら動作がおかしくなるといいますが、そういうことは全くありませんでした。作られなかったときでもそれなりに使えていました。
 パソコンについてはこれとは別に、大きな悩みができてきました。この話はまた別の機会にします。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年11月26日

地震と花火

 昼前に地震がありました。短周期で突き上げるようなゆれが2〜3秒あった後、横揺れが始まりました。初めの揺れの方が大きかったようです。体感的な震度は2くらいです。感覚的には震央が非常に近いのではと思われます。急いで防災研の強震モニタを見ようとしたのですが、違うサイトが開いてしまい、肝心なページが見られたのはだいぶ経ってからです。その時には、揺れが伝わっているというよりは、大阪平野付近でちょっと大きな揺れが続いているという状態でした。
 気象庁の地震情報のページ時には、10分ほどしてから情報が表示されました。震央は大阪府北部、震源の深さは10km、マグニチュードは3.1となっています。家の近くの震度観測場所では震度が1に達しなかったようです。ここは思ったよりは小さめにでることが多いようです。家の方が揺れが大きくなりやすいのかも知れませんが。そのわりには、大阪市内とか大和郡山市で震度1を記録しているのが気になります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 夜になってから、花火の音が聞こえてきました。いつもの結婚式花火と思いスルーしようとしたのですが、長い時間鳴りつつけています。初めのうちは間隔が開いていたので場所を確認できませんでしたが、10分ほどしてから、いつもの場所ではなくもっと南寄りの万博記念公園内であがっているのが見えました。
花火花火花火

 煙がだいぶ上がっています。せっかくの花火が薄暗くなっています。音楽も聞こえてきます。だんだん大きくなってきているようです。花火が途切れるタイミングと10秒以上遅れていますから万博公園でならされているものでしょう。とすると、会場での音量は相当なものになっていそうです。現場から逃げ出したくなる音量になっていそうです。
花火の続きです。
はなびはなびはなび

 花火が光る順番を調整しているように見えます。光り方にいくつかのパターンが見られます。このあたりは工夫されているようです。かなりの時間あがっています。いつまで続くのか気になります。ネットで検索すると主催者のサイトはすぐに見つかりました。そこからが大変です。肝心な情報がなかなか見つけられませんでした。ページを順番に繰っていって見ていって一番最後でやっと見つけました。大きなページです。マウスをホイールするだけで疲れました。宣伝ばかり長ったらしくて読者が必要とする情報がなかなか見つけられないという、最近よくみかかける一番きらいなパターンでした。ただで見ているので文句を言う筋合いではないのかな。
 花火の写真を続けます。
花火花火花火
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年11月22日

濃霧発生

 朝、外を見ると霧がかかっていました。視界は2〜300m程といったところです。
霧
 別方向です。こちらの方が霧が濃いようです。
霧
 東の方角です。太陽が霞んでうっすらと見えます。これからすると霧の厚さはそれ細ないような感じがします。
霧

 霧そのものは1時間もするとほとんど消えていました。先の2ヵ所のようすです。
霧のかかっていたところ
 こちらは遠くの方がまだ少し霞んで見えます。
霧のかかっていたところ
 これから逆に考えてみると日の出直後はもっと濃かったのかも知れません。
 霧が濃くなるのは、京都盆地に霧がたまりそれが淀川に沿って流れ下ってくる時に起こるようです。7時45分のひまわりリアルタイムウェブからの可視画像です。
ひまわり霧画像
 京都盆地や亀岡、奈良盆地伊賀盆地に霧がたまっているのが見えます。淀川や大和川に沿って大阪平野に霧が流れてくるようすが見えます。あまり広い範囲には流れてはいません。大阪市域までは達しなかったようです。そのためなのか霧が出たというような報道は見ませんでした。
 今日朝6時の気象庁発表の天気図です。あまり霧が発生するというような兆候は読み取れません。あるいは、気がついていない何かがあるのでしょうか。寒冷前線の延長が伸びてきているだけです。
霧発生時の天気図

posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年11月02日

花便り 11月号

 我が家の花情報です。夏によく咲いていた、カリブラコア、日々草、コバノランタナは大きく刈り込んだために今は花が少なくなっています。他の花も少なめでこれといって目立ったものはありません。今月の花として、強いてあげるとすると、カランコエくらいです。
カランコエ

 5月と6月にいくつかを別々に1ヶ月ほど短日処理をしました。花芽がついたのを確認して処理終了としたのですが、5月のものは早くに終わってしまい、細々と花がついている状態です。6月のが何とか持ちこたえているというところです。これも、もうすぐ終わりそうです。普通なら、次々と花芽が伸びてくるのに、短日処理終了後は普通の長日に戻り、続けてできる花芽がないから花が長続きしないのでしょう。
カランコエ
 短日処理をしていないものも花芽がのびてきているので、こちらのものも花をつけそうです。例年なら、寒くなるのが早くて、いったん成長を止め、花が咲くのは春になることが多いようです。
 カランコエは、枝が弱くよく折れます。病気なのか、茎の一部が枯れたようになることもあります。そういうものを切り取って、土にさしておくと根が伸びてきます。初めのうちは、枝が折れるたびにしていたので数が増えてしまい、最近では折れたり枯れたりしたものはそのまま処分することにしています。それでも、落ちた葉っぱをそのままにしておくと、根が伸びてきて、だんだん大きくなったものがあります。ガザニアの中で落ちた葉っぱから大きくなったカランコエです。
カランコエ

 先月の初めに、壁にシジミチョウがとまっているのを見つけました。羽根がぼろぼろです。だいぶ飛び回った後のようです。
シジミチョウ

 中頃には、窓ガラスと網戸の間にスズメバチが入りこんでいました。大きめだったのオオスズメバチと思っていましたが、調べ直してみると、お尻の先まで黒ことからヒメスズメバチと判定しました。
ヒメスズメバチ
 この後のどうするかが問題です。ガラス戸と網戸の隙間から蜂を出す事はできません、下手にずらして放置という方法をとると、部屋の中に入ってくることもあります。そのままどちらにも行けないようにセットでとを動かすようにしていると一晩経ったら蜂は動かなくなっていました。戸を動かしたら下に落ちたので隙間から拾い上げて処分完了です。
 現在咲いている花はこんな感じです。
花
 千日紅は葉っぱに元気がありません。日々草は剪定しなかったものです。キンギョソウとストックが咲いていますが、一斉ではないので見劣りがします。ストックは数が減っています。種が取れなかったので、これ以上増やすことができるのかどうか。他にアリッサムとか姫小菊とかが咲いています。どちらも大きくないので、何とか大きくする方法を模索しています。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年11月01日

11月になりました

 11月になりました。今年は後残すところ2ヶ月です。1年が経つのは早いものです。また、何もできないうちに終わってしまいそうです。
 最近になって、じわじわとものの値段が上がってきています。あげられるものは早くから上がっていましたが、最低価格で踏ん張っていたものがどうしようもなくなってついに上がってしまったというのが多いようです。よく使うスーパーのチラシも、特価品の品目が少なくなっています。ふだんからこれ以上安く売ることができないという価格で販売しているのでしょう。
 前々から感じているのは、いったん上がったものは高止まりしたままで元の価格に戻らない事が多いようです。白菜がその例で、不作で3倍から4倍くらいの値段にまで上がったことがありました。一時はちょっと戻りましたが、元の2倍くらいの値段よりは下がりませんでした。現在はまたじわじわと上がっているような気がします。円安が収まったからといって、元の状態まで戻らないのではと思っています。
 円安の原因は、低金利政策が関係しているといわれています。ずっとデフレだったので、インフレになるようにしているそうです。でも、デフレが悪いのでしょうか。物価を上げて給料も上がるようにしようとしているみたいです。でも辺です。1000の収入があって100のものは10コ買えます。収入が200にあがっても価格が120になったとしたら10こしか買えません。これで裕福になったといえるのでしょうか。生活は全く変わっていないといえるでしょう。
 もう一つの問題は、10年も低金利政策をして全く効果がないのであれば、不況の原因は金利ではなく他にあると考えるのが普通です。どうしてこういう発想が出てこないのでしょうか。人口が減ってくれば単価が同じでも総額が減るのは当然です。今まで通りの儲けを期待することのほうがが問題です。
 最近の記事を見ていると、年金給付額を下げる、納入負担額は増やす、医療負担額を増やすというような音が続けば、将来の負担増を考えて出費を減らそうとするのが当然の成り行きです。こういうことを続けて景気はよくなるのでしょうか。
 他にもおかしな政策はあります。電気代が高くなっているので、補助をするというのです。まずは、節電したら補助をするといっています。我が家はこれ以上節電できる要素はありませんから全然恩恵を被りません。無駄遣いをしてきた人たちが得をするのでしょう。電気代の補助につても、安くなるのなら使おうとなりそうです。総額が少ない人にとってはありがたみがありません。
 こんな考えは、ガソリン代の補助から始まっているのでしょう。でも財源は謝金です。なんでもかんでも、補助を入れるとなると、将来の税金の負担増を考えると末恐ろしくなってきます。これだとますます生活費を切り詰める必要がでてくるでしょう
 基本的には、公定歩合を上げて円安をとめて輸入品の価格を下げるのが一番のような気がします。住宅ローンをくんでいる人が困るというだけでは、金利を上げないという説明になっていないでしょう。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年10月26日

コロナワクチンを打ってきました

 今日コロナワクチンを打ってきました。近々、忘年会のようなものをするというので、念のための対策です。4回目の接種になります。
 8月の始めに接種してもらえるようになっていました。この頃は第6波のピークだった頃です。申し込んで接種してもらえるまで、1週間程かかります.感染者が少なくなりはじめているからいいかな、次回の波に備えようと延ばしていました。新規感染者数から見ると、感染のリスクは当時の方が大きかったようです。
 新規感染者数の推移を見ると、やや増え始めているかなという兆しはあります。増えていく勢いを見る限りでは、第6波の時ほどの勢いはありません。基本的には、いろいろな規制を解除するようになって人の動きが活発になったからかなと思っています。旅行支援策や海外からの入国制限緩和によるものが多いのかなとみています。海外では、オミクロン株からの新しい変異株が増えてきているともいわれていますが、これの影響が出てくるのはまだまだ先でしょう。
 というようなことを考えてはいます。忘年会というのの対策が必要かなというのが、今日打った大きな理由になります。もしこれがなければもう1月はようすを見たでしょう。それともう一つあるのが、オミクロン株の新型株に対応できるワクチンが接種できるということもあります。
 今日のはBA4/5対応の二種混合ワクチンです。住んでいる町では機会はそれほどないのですが、どのワクチンにするかを選ぶことができます。始まったばかりで知らない人が多いのか、一斉の予約で埋まるという状況ではなかったようです。隣町では、もう少ししてから順次置き換えていくということだそうです。どちらになっているか入って見ないとわからないということなのでしょうか。このあたりの対応も町によって違うようです。
 二種対応型混合ワクチンの臨床試験がきちんとしていないというのは少し気になります。本当に大丈夫かどうかは1月もすればわかるでしょう。どちらかといえば、その方がよかったのかも知れません。今のところは左腕を動かすと痛くて横に60度以上は上がらないという副作用がでている程度です。明日はどうなっているのやら。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年10月19日

地震がありました

 今日11時頃、パソコンをいじっていると、ゆっくりとした弱い揺れを感じました。ゆれがゆっくりしていたので、震源が遠いような気がしました。防災研の強震モニタを見ると京都府南部あたりから地震波が広がっていくようすが見えました。震央は大阪府北部となっていました。すぐ近くだったのが意外でした。揺れの大きさから見て震度は1とみました。その後気象庁から発表された震度情報では、近くの観測場所が書かれていなかったので震度1二波達していなかったようです。もう少し震央寄りの場所は震度1となっていました。なお気象庁の発表では、震央の位置は京都府南部となっています。地図には西山付近に震央が書かれていました。
 この地震の情報を集めているときに、再び揺れを感じました。1回目よりも少しだけ揺れが大きかったようです。すぐに防災研の強震モニタに切り替えると、先ほどと同じようなパターンで地震波が広がっていくようすが見えました。防災研・気象庁とも2回の地震の震源。規模ともほぼ同じと発表しいます。2回目の方が揺れを大きく感じたことと、実際の最大震度が3と1回目に比べて大きかったのも、マグニチュードの小数第2位の値が影響しているのでしょうか。
 1回目の地震では地震かどうかはっきりしなかったので、時計を確認しませんでしたが、2回目では直後に見たところ11時3分となっていました。2つの自身の間隔は5分もなかったようです。 
 この程度の地震では発震機構解が計算されないとあまり期待していなかったのですが、1つだけ防災研Hi-netから発表されました。時刻からすると2回目のようです。どちらでも似たようなものなのでしょう。ほぼ東西圧縮性の横ずれ断層になります。北西方向側で最大震度が出ていますから、北東−南西方向の右横ずれ断層という事も考えられるのではというような気がしています。
 その後も3時半頃にも地震があったようですか、揺れを感じていません。規模が小さかったせいでしょう。気象庁発表のデータを見ると、実際の震度1の観測場所は1ヵ所のみで、マグニチュードも1小さくなっています。

posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年10月04日

雲の記録

 9月に見られた少し変わった雲の写真を掲載します。
 11日には青空の中に真っ直ぐ延びる飛行機雲ができていました。その先頭部分です。拡大するとうっすらと飛行機も写っているのがわかります。
11日飛行機雲

 15日です。円弧状の雲ができていました。飛行機雲かなと思ったのですが、飛行機雲のできる高さではこれほど急旋回することはありません。大阪空港を離着陸する飛行機はこのあたりで旋回しますが、飛行機雲を作る高度まで上がっていません。いっしょに写っている巻雲と調和的なようにも見えます。何なのでしょうか。
12日円弧状雲
 30分ほどして雲に日が当たらなくなってもまだ拡散せずに残っているようでした。
12日円弧状雲

 18日です。太陽柱のようなものが見えていました。いつも見るものと様子が違います。カメラを用意して写したときにはほとんど消えていました。下から上にのびる光芒のようなものだったのでしょうか。
18日光芒?

 25日です。青空の中に何本もの飛行機雲ができていました。彩雲になっているようにもみえます。できつつあるものをいっしょに写していたら、単独で別の飛行機も入りこんでいました。上の雲の真ん中あたりの黒い点です。この飛行機からは飛行機雲ができていません。大きく写っていることから高度がまだ低かったことがわかります。そのせいでしょうか。それとも双発のプロペラ機だったからなのでしょうか。
25日飛行機雲

 29日です。夕陽に照らされた巻積雲や高積雲が幻想的な模様を作っていました。3枚を続けてアップします。
29日夕焼け雲29日夕焼け雲29日夕焼け雲

 
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2022年10月02日

花便り10月号

 9月半ばごろから急に涼しくなってきました。そのせいなのか、よく咲いていたカリブラコアとコバノランタナの花が少なくなってきました。今月はこれで行こうかと思っていたことの当てが外れました。逆に元気がなかったのもので、花をつけるようになってきたのがベゴニアです。ということで今月の花はベゴニアとします。
ベゴニア
 街角では、暑い盛りも花をよく見かけました。元気さの度合いにものすごく差があるように感じています。暑さを避けるために、すだれハウスの中に入れていましたが花がほとんどついていませんでした。暑さに弱い、直射日光に弱いとネットでは書かれています。イメージがちょっと違っているようです。どちらが正しいのでしょうか。感じているのは衝撃に弱いということです。ちょっとぶつけただけで、折れたり、そこから枯れてきたりしています。折れて根元からなくなっているようすです。
ベゴニア
 ベゴニアは、雄花と雌花があります。ふだんよく目にするのは雄花の方です。雌花には花弁の裏側に子房の膨らみが見えます。雄花と雌花です。左側が雌花になります。
ベゴニア
 花が咲いた後は、雄花はすぐに枯れ落ちるのですが、雌花はそのまま残り、子房が果実へと変わっていきます。中に非常に小さな種子がたくさんできます。最初見たときはこれが種子なのかなと思いましたが、蒔いてみるときちんと芽が出てきました。赤玉土の上では栄養不足なのか大きくなりませんでした。実際にこぼれ種で、いろいろなところで大きくなっています。真ん中の丸い葉っぱがベゴニアです。細長い葉がカモミール、下の大きな葉っぱがキンギョソウです。どれも小さな種をつけます。
ベゴニア

 シクラメンも種ができたので蒔いてみました。いつ芽がでてくるのかよくわかっていません。最近になって、芽というか根というか球根の元というものがでてきました。真ん中付近の白い小さなものが発芽したものになります。周囲にまだたくさんの種があります。
シクラメン芽
 本体の方はというと夏を越せたのは一株だけでした。かなり難易度が高いようです。残った株からは花芽が大きくなっています。今月中に咲くのでしょうか。
シクラメン花芽

 芽といえば、水仙も早く芽吹いて欲しいものです。葉っぱのでている期間が短く大きな球根ができていません、花をつけない小さな球根ばかりになっています。今のところ芽をだいているのは3つだけです。その中で一番大きなものです。緑色の葉っぱが見えますか。
水仙芽


 アワダチソウグンバイが増えていました。周辺の空き地や花壇でも増殖しているようです。増える植物とそうでない植物があります。よくついていたのは、ガザニアとヒャクニチソウ、宿根サルビアです。サツマイモにも着くといわれていますが、たくさんは見かけていません。その他のキク科植物(ディモルフォセカ、姫小菊、キンセンカ、クリサンセマム)にはやってこないようです。野外では、やはりセイタカアワダチソウに多いようです。オオアレチノギクも食害を受けているように見えますが、虫自体は見かけていません。センダングサとかのキク科植物では見ていません。
 ガザニアは葉がすぐに伸びてくるので葉なし状態になるまでカットしました、ヒャクニチソウも暑くなる前に剪定をした方がいいということなので強めにカットしました。2週間ほどは虫を見かけませんでしたが、葉がひろがってくるのにつれて見かけるようになり、最近ではかなりの頻度で見るようになりました。でもそのほとんどが、ガザニアで、たまに宿根サルビアで見るくらいです。
 ガザニアのアブラムシも多いので薬剤に頼ることにしました。適応害虫が少ないけれども葉にしみこんで薬効が持続するタイプと、適応する害虫は多いけれども葉にしみこまないタイプのものがありました。あまり何度も蒔くというのも問題ですから、葉にしみこむタイプにしました。その結果今のところは繁殖は抑えられているようです。ちょっとアブラムシが出始めたかなという感はあります。グンバイ虫も見かけていません。新しい葉がのびてくるとまた出てくるのかな。もう一つ多いハダニにはどの程度の効果があるのでしょうか。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記