2021年02月08日

紅葉の東海三山 13 2019/11/27 美濃市大矢田神社 参道

 次に向かっているところは大矢田神社です。横蔵寺・華厳寺は同じ揖斐川町内にありますが、大矢田神社はだいぶ離れたところの美濃市にあります。この3つをあわせて美濃三山と呼んでいます。横蔵寺には両界山、華厳寺には谷汲山という山号がありました。美濃三山の山は山号に由来しているように思えます。これに対して大矢田神社は神社なので山号はつきません。山は2つしかないので三山にはならないこと、一つだけ離れているのが気にかかりますが、あまり深入りはしないことにします。泥沼にはまると大変です。
 移動途中のようすです。ずっと地道を走っていたようです。道脇のみかんの木です。大きな実がついています。この時期だと何なんだろう。伊予柑かな。
みかんの木

 柿の木畑のむこうに、イチョウの木が集まっているところがあります。あまりかたまって植えられる木ではありません。それにあまり大きくありません。何なんでしょうか。
イチョウの木

 どこをどう走っているかわからないまま。大矢田神社に到着です。駐車場の入る手前から見た、鳥居方面です。道脇の、紅葉が綺麗です。ここもまた、たくさん歩きそうです。
美濃市大矢田神社 鳥居前

 駐車場の脇に白色のサザンカが咲いていました。
美濃市大矢田神社 駐車場 サザンカ

 添乗員さんに連れられて、大矢田神社に向かいます。先ほど見えていた鳥居です。
美濃市大矢田神社 鳥居

 鳥居の先に門が見えます。お寺の山門のようです。神社でも、たまにこのような門を見かけることがあります。
美濃市大矢田神社 山門

 門の脇には塀が続いています。楼門の横に塀が続いているのはあまり見かけません。手前に狛犬がいます。
美濃市大矢田神社 山門前狛犬

 普通、神社の楼門の下に控えているのは、右大臣(矢大臣)と左大臣です。このような門は仁王門に対して随神門といいます。でも、ここのものは仁王さんがいますので、仁王門といっていいのでしょう。でも、神社に仁王さんはなんか変。
美濃市大矢田神社 仁王さん

 楼門をくぐった先は、杉並木が続きます。一番最後の木はしめ縄で飾られていて、根元から2本並んでまっすぐ立っています。このようなものは夫婦杉とか呼ばれることが多いようです。夫婦樹と書かれていました。2本の杉の木と思っていたのですが、よく見ると右側の木の表面はツルツルで、左側は縦に裂け目が入っています。左側が杉で、右側がヒノキです。
美濃市大矢田神社 夫婦樹

続く...............

posted by ヨッシン at 00:00| 旅行記