2020年03月01日

3月になりました

 3月になりました。今年は閏年だったので、先月は1日多い29日までありました。29日はニンニクの日だそうです。4年に1度だけの記念日です。語呂から来ているのでしかたがないのか、話題を作るためにわざわざ艘のように設定したのか。

 近頃、新型コロナウィルスで大騒ぎです。発生数とか致死率とかを見てもインフルエンザとどう違うのかなという気もします。今のところ治療法がないという点だけが違っています。これが確立できれば特に問題はなさそうです。さっさと免疫ができてしまえば、まわりで流行していようが、どこ吹く風で出歩くことができます。
 ダイヤモンドプリンセス号での隔離にしても、普通に考えれば中で感染が、蔓延するのは目に見えています。専門家の派遣や機材の補充といったことをしっかりとしなければいけなかったように思います。潜伏期間の2週間経ったので下船してよいというのは病気のことを理解してやっているのかなという気がします。
 先日はいきなり全部の学校を休校にすると首相がいい出しました。今のところ学校内でのというより市中での感染例は北海道をのぞけば散発的です。それを考えると、感染予防対策を徹底した方が効果がありそうです。共稼ぎの家庭が働きに出られなくなるとか、医師や看護師が勤務できなくなるとかの弊害が指摘されています。こういった状況を理解していったのか疑問です。直前にあった発表と大きく変わっているのも問題です。
 一部には、学校を休校にせよという声があったようです。そう思う保護者は自主的にこどもを休ませればすんだはずです。そういう声に乗ってしまうというのは浅はかだと思います。
 マスクが手に入らなくなってだいぶ経ちます。最近はティッシュペーパーやトイレットペーパーもなくなっているらしいです。何でこんなものがという気がします。これはすぐに、元に戻ると思っています。トイレットペーパーが最後の1ロールを使っているところなので、間に合ってくれればとは思っています。なくなるのは買い占めて、高額転売使用という輩が多いからだという説もあります。ちなみにマスクは、周囲が気にするだろうということで、形だけしています。当然、使ったら除菌スプレーをかけて乾かした後、汚れが目立つまで再利用です。

 花情報です。だいぶカラフルになってきています。満開なのはカランコエです。黄色の花はよく咲いているのですが、赤の花はどういうわけか、大きくなると頭がたれてきてげんきがなくなります。原因は不明です。茎が黒くなって腐ってくることが多いことと関係しているのでしょうか。元気なのはビニールハウスに入れている一株だけです。この株はどういうわけが葉っぱが赤くなっています。他のは室内待避です。外の方が朝の冷え込みがきつくなっていますそのせいでしょうか。
 シクラメンがたくさん花をつけています。特に2冬目の1つはいっぱいついています。ネメシアも花をつけだしました。年末にしょぽくなって投げ売りしていたものを買ってきて、刈り込んでいました。いつまで持ってくれるのか。
 この冬から始めた、日本水仙はもう終わりかけています。今まで植えたことのある水仙は2年目からは花をつけず、ついに芽が出なくなってしまいました。この水仙はどうなるのでしょうか。エンドウ豆もまだちらほたと花をつけています。1本だけ枯れてしまいましたので、根元にできた種を植えたところ 芽が出始めてきました。一緒に植えていた小松菜あまり大きくならないうちに塔がたってきました。小さいけれども収穫してしまいました。
 ガザニアも咲いています。白が2種類とオレンジが1種類あります。今咲いているのはオレンジの花ばかりです。昨秋に株分けしたのが影響したのか。白の1種類も株分けしたのですがこちらは花をつけていません。何が違ったのでしょうか。黄色のクリサンセマムもずっと花をつけています。1つの花がだいぶ長持ちします。これに対してノースポールは花芽もできていません。花期が違うのか。
 ディモルフォセカもつぼみが膨らんで、花弁の色が変わってきました。後2−3日で咲きそうです。どういうわけか今年は年末にも花をつけていました。昨秋に切り詰めるタイミングを逃していました。花をつけていない株は、その頃に切り詰めたので、つぼみができ始めたところです。咲くのはまだまだ先になりそうです。
posted by ヨッシン at 23:59| 日記