2020年01月25日

高峰高原 17 05/31 東御市三方が峰

 湿原は素通り状態だったので、時間がかかっていません。この先にある三方が峰に行くだけの余裕ができました。行ってみることにしました。突っ切ってきた道をまっすぐに進んでいきます。
 小石の散らばった丘の上にでました。三方が峰の頂上に着いたようです。強い風が当たってこのようになったと書かれていました。風衝地だそうです。この石の多いところにコマクサがたくさん生えているようです。コマクサ園と名付けられています。コマクサそのものは見つけることはできませんでした。崖のヘリには延々と高い柵が設けられていました。転落防止用かなと思っていたのですが、コマクサ保護のためだったのかも知れません。
 まわりの山もよく見えます。おかげで、コマクサのことも半分忘れていました。
 富士山の方角です。左側に甲武信ヶ岳も見えています。
東御市三方が峰 富士山

 富士山です。だいぶ目立たなくなってきています。
東御市三方が峰 富士山

 上田盆地の方角です。遠くに北アルプスの山々がくっきりと見えています。
東御市三方が峰 北アルプス

 北アルプスを拡大して見ます。前穂高岳から奥穂高岳大天井が岳付近までが写っています。
東御市三方が峰 北アルプス

 蓮華岳から爺が岳までです。右端に鹿島槍ヶ岳の稜線が写っています。扇沢連峰(赤沢岳)の向こう側に立山が見えています。爺が岳の上に剣岳も見えています。山に詳しい運転手さんに聞いてみたところ、この写真では?になっていました。麓からでは立山は見えないからでしょう。
東御市三方が峰 北アルプス

 唐松岳の八方尾根から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳、小蓮華山までが入っています。
東御市三方が峰 北アルプス

 八ヶ岳でずっと気になっていたことがあります。北八ヶ岳との間の鞍部(麦草峠)のむこうにずっと尖った山が見えていました。八ヶ岳の山ではないようです。手前右側の柵の向こう側は、急斜面で石が敷き詰められた様になっています。
東御市三方が峰 八ヶ岳

 拡大して写したものです。北岳です。右側の稜線にほとんど重なるように間ノ岳もわずかに写っています。日本第2位と第3位の山です。奥穂高岳も同率で第三位です。
東御市三方が峰 北岳

 宿から見えていたのは駒ヶ岳(甲斐駒ヶ岳)で、右側に見える山(縞枯山)の上にわずかに頭がでています。
続く.......


posted by ヨッシン at 23:59| 旅行記