2018年07月19日

伊豆の桜はまだか 02 3/16 高速道路を東へ

 新大阪集合なので、時間の40分ほど前に家を出れば間に合います。1時間ほど前に出たので、ちょっと早めに着きました。集合場所にはいろいろな行き先のバスツアーが並んでいます。天王寺始発なのでここで受付ていないと思ったのですが、いちおう同じ旅行会社で行き先看板を持っている添乗員風の集団に聞いてみることにしました。そのうちの一人が確認係だったようです、行き先と名前を聞かれました。受付をしていたようです。待っている場所を指示されました。トイレの許可だけ得て離れ、戻ってきて指示された場所で待ちます。
 集合時間ちょっと間に呼び出しがかかります。バスが到着したようです。バス乗り場に移動します。最初にバス位置を確認します。通路側席になっています。後部に何列か空いていますから、添乗員さんに席を替わっていいか確認を取ります。OKをもらえました。座席に案内があるので受け取るようにとのことです。大きな荷物をトランクに預けてからバスに乗り込み、隣になるはずだった人に後部席に移動することを告げて、座席に置いてあったパンフを持って後ろの席に座ります。案内は、明日の夕食とお土産まんじゅうの案内でした。
 バスの出発前に添乗員さんから連絡があります。この先の京滋バイパスで事故があり通行止めになっているとのことです。並走する名神でも渋滞が激しいので、迂回して名阪国道を通っていくとのことです。どこを通っていくかよくわかっていません。少なくとも梅田には戻るでしょう。梅田近辺から阪神高速に入ります。南森町が扇町あたりです。阪神高速については詳しくわかっていません。その後、景色を見ていたら通天閣が見えてきました。完全に出発点の天王寺まで戻ったことになります。天王寺から乗った人、せっかく朝早く集合したのにご苦労さんでした。
 バスは淡々と走っていきます。何の説明もないのかとおもっていたら、今どの辺を走っているのかという声が聞こえだした頃に、添乗員さんから伊賀上野城が見えるとの説明がありました。せっかくだから1枚撮っておきました。模擬天守です。
伊賀上野城

 大和川断層が見えてきました。だいぶ経ってからこれも写しておこうとしたのですが、建物とかが入りこんでチャンスがなく、写せたのはかなりいきすぎてからです。
伊賀上野 大和川断層

 この後鈴鹿山地を越えることになります。御在所岳が気になりますが、伊賀側からはよくわかりません。関を過ぎて亀山ICで最初の休憩が入ります。建物内のトイレは改修中で、どこにあるのかみんな探し回っていました。だいぶ外れたところにありました。
 うら手に公園が併設されているようです。あまり時間がなかったのでちらっと見るだけでした。
亀山SA

 伊勢平野にぬけると鈴鹿山地がよく見えます。相変わらず御在所岳がわからなったのですが、一番高かったこの山であっていたようです。ロープウェイの駅が見えています。
御在所山

 北端に少し離れて見えるのは伊吹山のようです。
伊吹山

 添乗員さんからも、伊吹山がよく見えると案内がありました。御嶽も見えているらしいのですが、どれのことかよくわかりません。遠くに雪をかぶっているうっすらとした山はたくさんあります。ジェットコースターで有名な遊園地を過ぎたあたりから、防音壁が続いてきて、景色はよく見えなくなってきました。かなり立ってから写せた雪山です。どこの山なのか全くわかっていません。
雪山

 その後も、防音壁か木が植わっているかで景色は見えません。そうこうしているうちに音羽蒲郡ICでいったん高速道路をおります。向かうのは、せんべいとちくわの共和国という場所です。ここで2回目の休憩に入ります。
 ここはせんべいと竹輪類の試食とコーヒーお茶のサービスがあります。せんべいの種類が豊富です。いろいろと食べ比べてみました。種類がたくさんあったので、けっこうな量になりました。名物なのは、イカ焼きだそうです。奥の方で焼いているので、焼きたてがないかと聞くと、今から焼いてくれるそうです。しばらくかかります。待っている間にと大きなせんべいをもらいましたが、落として割ってしまいました。すぐに代わりのもを用意してくれました。イカ焼きのできあがりは出発の直前になりました。
 ここに入る前に、名物がイカ焼きであると説明があって、みんなはどんな物か興味が興味がわいてきたようです。普通大阪でイカ焼きといえば、梅田の百貨店で売られている物を想像します。地方ではイカをそのまま鉄板の上で焼いたものをいいます。ここのものは梅田のものとイカせんべいの間くらいのような感じでした。イカが丸ごと1匹入っているようです。
 できたイカ焼きを持ってバスに乗り込みます。
続く...............


posted by ヨッシン at 23:52| 旅行記