2017年08月23日

火の山ぐるっと31 4/26 天草下島 鬼海が浦展望所

 国道から分岐した道路の先に、駐車場と2−3の施設が並んでいます。鬼海が浦展望所というようです。道路は、元々は国道で、新しいトンネルが作られたのでここにあった施設に来るために残されたようです。この先で通行止めになっています。
 天草下島の下田から南は夕日がきれいなところがたくさんあって、下須島までの間で特にきれいなところを8ヵ所選んで天草夕陽八景としています。ここはその1ヵ所目です。それを示す碑が作られています。下田の夕陽というみたいですが、もう一ヵ所夕陽丘という所があるらしく、それとあわせての一ヵ所目になります。
天草市 天草夕陽八景

 ここから北側の海岸です。小さな浜があります。その先のつきだした岬状のさきになが瀬が見えています。
天草市 鬼海が浦展望所から海岸

 正面に見える岩場です。地理院地図には恐瀬とかかれています。
天草市 鬼海が浦展望所から恐瀬

 南側です。左側に鬼海が浦があり、その先に島のように見えるのが長ハエです。
天草市 鬼海が浦展望所から南側

 鬼海が浦です。入り込んでいる割には岩礁が多く、浜は正面の谷の出口あたりに少しだけあります。
天草市 鬼海が浦展望所から鬼海が浦

 展望所から下りたところ、岬のくびれ目のようなところの地層です。砂岩泥岩の互層ですが、小さな断層が無数に入っています。岬の先の方は砂岩のかたまりのようです。
天草市 鬼海が浦展望所下 地層

 上に戻って、遠くを眺めてみます。長崎半島先端の野母崎が見えると書かれていました。うっすらと陸地のようなものが見えます。これでしょうか。コントラストを強調してみると、まだ先にも陸地は続いているようです。
天草市 鬼海が浦展望所から長崎半島方面

 戻らないといけない時間になっています。下田の町に引き返すことにします。
続く...............


posted by ヨッシン at 23:30| 旅行記