2024年02月28日

星と空の記録 2月28日号 26・27日 太陽と空

 星の記録です。空のことも書きます。前回の報告からしばらく天気の悪い日が続きました。25日は日没直前に久々に日が差しましたが雲間越しなので写真には写せていません。
 26日です。相変わらず雲は多めです。雲を通していると日環が見えます。写そうとしたときには薄れてきていました。相変わらずきれいに写せません。
26日 日環
 太陽です。大きな黒点群が相変わらず目立っています。西側にも小さな黒点がいくつかあります。
26日 太陽
 月を見るのは失念していました。ここしばらく空が見えなかったのでちょっと習慣化していたようです。

 27日です。26日に静岡で花粉光環が見えたそうです。かなりの数のスギ花粉が飛来しているようです。今日も見えないかとねらってみました。昼前のものです。画像処理をすると雲のようなものが浮かび上がってきます。これだと写らないのかな。
27日 日環
 昼過ぎの太陽です。大きな黒点群は端っこに寄ってきているもののまだしっかりと見えています。
27日 太陽
 花粉はどうかなということで、太陽をかくして写そうとしました。覆いがなかなか太陽と重ならずもたもたしている間に雲にかかってしまいました。その代わりきれいな日環が見えました。写真にもすんなりと写ってくれました。
27日 日環
 しばらく待って、雲が切れたときにねらったものです。これにも花粉光環は写っていないようです。下の雲が彩雲になっているように見えます。
27日 日環
この日も月を見忘れています。気がついたときには望遠鏡で写せない位置まで来ていました。前日の月の写し忘れは本当のことをいえばこの時に気がつきました。
 
posted by ヨッシン at 00:00|

2024年02月26日

ネタ切れ

 今日のブログにアップするネタがなくなってしまいました。でもこの文章ってなんか変ですね。ネタがなくなったというネタがあるではないかという矛盾があります。ここに文字を書くなという文字みたいなものかな。墓にも何かありそうですが思いつきません。ネタがないなんてこればっかり続けているとまた書いているわということになるので今回限りとはなります。
 政治がらみならいろいろとやってくれますから、少しはあるかも知れませんが、この手の記事は控えています。できるだけ穏便にというのが趣旨です。 星の記録は2日分を3日かけて投稿するとか、たいしたこともない日常の事件をアップするとかし続けましたがそれも今日(きのうかな)限りとなりました。よく考えるとここまでよく引き延ばせたものだと思います。
 明日は何もなければお休みとなりそうです。前回は2020年6月5日にお休みしてからずっと毎日何かを書いていますから、お休みすれば3年8ヶ月半ぶりのお休みという事になります。いまのところ明日書くことは何もなさそうです。
 旅行の記録を書き続けていました。記録として書くことがたくさんあると日記にするような事はたいがいは書かないでいました。コロナがはやりだして旅行に行かなくなってその記録が掲載できなくなると、さらに古い記録も持ち出しました。ネタがなくなったらさらに古い記録を持ち出すということもできました。でも、10年も前の化石になったような記録はどうなのかということで、今のところは書かないつもりです。
 最近では古い情報も歴史的価値があるということで見直すということも検討されているようです。したがって、古い記録も大事なのかも知れません。世界遺産に登録される前の観光地の記録もあります。それなりに重要なものもあるかも知れませんが、どれがというのもわからないので今のところは保留としておきます。
 コロナが何とかなりだしてから、日帰りということで出かけた先の記録を書いていました。昨年の1月に菟田野へカエデを見にいってからは、寒いので出かけるのはどうも、みたいものがみあたらない、何とかみようとしても都合がつかず出かけられなかったということが続き、その後どこにも出かけられていません。それもあって旅行記で埋めることができず、ネタ切れに一役買っています。
 毎日続いたというのも、ちょっと御幣があるのかも知れません。投稿する時刻が遅くなると、翌日廻しになったことも多々あります。最近では数日分ため込んでというのが続いています(今日の分もそうですが)。完全に後出しです。反則業の極みです。
 ということで明日はどうなるのでしょう。

posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2024年02月25日

星と空の記録 2月25日号 24日太陽幻日

 星の観察記録の続きです。24日太陽です。大きな黒点群が真ん中くらいまできています。これくらい大きいと肉眼で見える人がいるかも知れません。試したところ見えませんでした。視力はいいとはいえません。
24日 太陽

 日没前に幻日が見えました。左側のものです。
24日 幻日

 右側はできていませんでしたが、10分後に出現しました。代わりに左側が見えなくなっています。
24日 幻日

 日没直後に見えていた飛行機雲です。雲に光が当たっているのに黒く見えます。ほぼ正確に太陽に向かって飛んでいると雲の中に影が落ちて黒くなることがあります。錯覚でたっているように見えます。このようなものを地震雲といっているのでしょうか。
24日 飛行機雲

 その後の飛行機雲です。周囲の雲が透明になっているのが気になります。もう日が当たっていませんから黒く見えるはずです。 
24日 飛行機雲

 日没後に見えた月です。まん丸と思っていたら3時間後が満月でした。月齢は15.5です。
24日 月

 
posted by ヨッシン at 00:00|

2024年02月24日

星の記録 2月24日号 17〜23日 太陽

 星の観察記録報告です。17日からです。太陽です。東側上の方に黒点が見えます。そのままだと入らないので表示位置を北にずらしています。春分が近付いていますので、太陽の自転軸が大きく右に傾いてきた影響なのかも知れません。
17日 太陽

 18日太陽です。西側の黒点はだいぶ縁までよってきています。
18日 太陽
 月です。二重クレータのように見えるところはクレータが丸く並んでいます。月齢は8.7です。
18日 月

 この後ぐずついた天気が続いていました。次に見えたのは23日の太陽です。初めはまだ雲が残っていました。雲越しに日環のできているところを写してみました。いまだに適正な露出に一発であわせることができていません。
23日 日環
やっと晴れてきて写した太陽です。いつの間にか大きな黒点が出現していました。上の方にあった黒点はだいぶ下に来ています。自転軸の傾きの影響があったようです。
23日 太陽
posted by ヨッシン at 00:00|

2024年02月23日

寝相が悪いのか

 かなり前から朝起きると敷き布団の向きが少し回転していました。昔はこのようなことがなかったのですが、頻繁に起こるようになってきました。寝返りを打つときに、布団が回転しているのかなというくらいに思っていました。体の向きは普通です。といって、あまり細かい方向まで意識してみたことはありません。最近になって、朝気がつくと、部屋に対して斜めに寝ていることも起こってきました。ベッドなら下手をすると落ちていることもありそうです。布団に入るときから斜めになっているということはなさそうです。布団がまっすぐでも起こりますから。完全に寝返り時の問題のようです。
 布団は基本的に万年床です。押し入れにしまうと、夜の間についた湿気が抜けにくくなるような気がするからです。その代わり、布団の下におちた埃が取れないという問題が起こってきます。上げ下げの動きで布団についた埃も落ちるでしょう。どちらがいいのかわからないので手抜きができる方を採用しています。本当は交互に繰り返すのがいいのでしょう。
 朝起きて、上布団はそのままそろえ直したりせずに折りたたんでいます。これも最近になって、寝ている間にそれっていなかったりということがよく起こるようになってきました。何枚か重ねている布団のどれかがかかっていなくて寒くて目が覚めるということもたまにあります。これも寝相が悪くて上布団を動かしていて、ずれたり位置が変わったりしているのでしょう。
 敷布団が動き回ることによって、カバーの中で布団が団子のように丸まっていることがあります。こうなると布団の向きをそろえにくくなるし、寝ている間に布団が動きやすくなります。隅っこを持って振り回してほぐしたりすることも増えてきました。敷き布団シーツも動いていることが多くなっているようです。
 昔は寝返りを打つときに布団を持ち上げてできた隙間の間で体を回転させるということをしていたみたいです。それをしなくなったのか、寝返りの頻度が大きくなったのか、布団を蹴飛ばすほど寝相が悪くなったのか何なのでしょう。毎日布団はきれいにそろえなさいということなのか何なのでしょう。一時期寝違えたのか朝K日が痛くなっていることもありました。この影響で寝る姿勢が変わったと居湖ともありそうです。
 なお、夏場はタオルケットを掛けてというかだいて寝ているのであまりこのようなことを意識する事はないようです。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2024年02月22日

異臭の発生

 最近パソコンを使っていると、変な匂いがしているのではと気になっています。何かの化学物質が暖められて蒸発しているというか焦げているとというかそんな感じです。匂いとしてはかすかなのですが、刺激性があるのか鼻がつんつんしたり、のどがひりひりして咳が出ることもあります。普段はそれほどでもないのですが時々大きくなるときがあります。
 発生場所が気になるところです。匂いがするときに、パソコン周辺の匂いを調べてもそれほどきつくなっているという感じがしません。暖められて発生しているのなら、上の方に流れるはずなので座っているところよりもパソコンの上側がきつくなるように思えますが、そのようになっている気配は全くありません。
 下からあがってきたとすると、インターネット関連の機器をおいていますからこれからかなということになりますが、こちらから匂いが上がってきているというようにもみえません。今のところ発生源については不明です。これ以上強くならないかようすを見ながらパソコンを使っていくしかないようです。これもがたがきだしている兆しなのかも知れませんがCPUクーラーのファンが回り出したら音が聞こえてくるので、あまりCPUに負荷をかけないようにようすを見ながら使うことはできます。
 パソコンが寿命としたら買い換えるしかないでしょう。10年以上使っています。使い慣れていることもあって新しい機械の操作に適応するのは少し大変そうです。使っているソフトのインストールや、機械の設定などを考えると1週間ぐらいはすぐに飛んでしまいそうです。その間パソコンが使えないというのも困ります。このあたりはどうすればいいの悩んでいるところです。今までのものは完全に兆候が出たり、壊れてしまったりとかでやむをえず買換ています。2種類の機械を平行して使っていた時期もあります。買い換えるにしても同士来意の佳悩んでいるところです。少なくともOSの関係でそれほどのんびりできないのは間違いありません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 一時、デスクトップにdesktop.ini が勝手に作られると書いたことがあります。24時間5分ごとにできること、その時に立ち上がるサービスをみると、アンチウイルスソフトしかないのでこれが原因だと判定しました。このソフトは機能上削除はできないでしょう。実際のところ付随していろいろなことを勝手にやってくれます。動きが悪くするものがないかとか、通信は暗合でするようにしますよとか、どれも余分です、その一つがdesktop.ini なのでしょう。デスクトップには作業中の一時ファイルしか置かないのでほとんど動作が遅くなることはありません。
 何とか切りたいのですが決断がいりそうです。アンチウイルスの本体はなんたらプロテクションというものらしいので、これ以外のサービスは全て切ってしまいました。以後、desktop.ini は作られなくなりました。かわりに、ウイルス検索パターンが更新されないのでこれは手動でおこなうことになります。適当な間隔でおこなえばいいでしょう。毎日決まった時間にCPUを占有されることもなくなります。
 ソフトには、評価を聞く欄があったので、最低ランクを記して返信しました。でも本当に最低なのは、OSメーカーの気がします。欠陥があるかも知れないものを買わせておいて、以後は欠陥が見つかっても保証しませんとおどして、新しい製品を買わせるというのは最低最悪な気がします。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2024年02月21日

大阪府公立高校特別選抜等の試検問題

 今朝の新聞に、大阪府公立高校特別選抜等と書かれた問題が載せられていました。昨日にあった特別選抜入学検査の問題文です。いつも通り、問題についていろいろと考察することにします。
大問1は植物の体のつくりに関する問題で、生物分野からの直出題になります。
大問2は電気の性質と電流・音の性質に点いての問題で物理分野からの出題になります。
大問3はアンモニア・水素・二酸化炭素・酸素の性質を確認する問題で化学分野からの出題になります。
大問4が地学分野からの出題です。詳しく見ていくことにします。
中問1は太陽系の天体についての問題です。基本的には地球型惑星と木星型惑星の違いについての聞いています。
小問1は地球の大気組成についての質問です。一般常識の範囲内です。
小問2は惑星の所属グルーについての質問です。これもほぼ一般常識といっていいでしょう。
小問3は惑星をまわっている天体の総称です。これも一般常識の範囲内になります。
中問2は湿度と水蒸気量に関係した問題です。
小問4は乾湿計からの湿度を求める問題です。やったことがあれば簡単に解けるでしょう。習ったことが理解できているかどうかがポイントになりそうです。
小問5は相対湿度の計算式に関係する問題です。要求された形で式を作れるかがポイントになります。定義式の意味が理解できていれば簡単でしょう。
小問6は水蒸気量・飽和水蒸気量についての問題です。
1つ目は、露点という用語の意味を知っているかが問われています。一般的には露点温度といわれることもありますが、用語として正しいのは露点です。どちらでも正解にすることになっています。
2つ目は、水蒸気量についての問題です。一般的には水分の発生量までは求めることはありませんから、答えのみちびき方説明します。
 質問の内容は18℃から何℃まで下がれば容器に0.1gの水が発生するかということです。容器の堆積は0.02m3となっています。
飽和水蒸気量は1m3で考えますから、これだけの堆積になるとどれくらいの水ができるかを考えます。体積は50倍ですから発生する水も50倍なので5gになります。
次にみるのは飽和水蒸気量が5g少なくなる温度です。ここで注意しないといけないのは、露点が15℃ですからここを起点に5g少ない温度を表から読み取ることになります。つまり12.8g/m3より5g少ない7.8g/m3になる温度を読み取るという手順になります。

大問4についてはほとんどが一般常識レベルの問題で、最後の問題が落とし穴があったりとかで正解にたどり着けない受検生がたくさんいるのではと予想されます。受検生間であまり点差が開かないような気がします。
差がつくとしたら乾湿計のところぐらいのようです。
posted by ヨッシン at 00:00| 雑記

2024年02月20日

濃霧発生

 今朝起きて外をみると、一面濃い霧に覆われているのが見えました。視程は200mくらいです。もう少し早時間帯なら、もっと濃かったかも知れません。
濃霧

反対方向の景色です。
濃霧

 昨日は気温が高い上に雨も降っていました。風もなかったようなので、雨で湿度が上がったところに夜の冷え込みが加わって霧が発生下という解説になりそうです。
 大阪管区気象台の記録を見ると、昨晩の20時頃に雨が降ったものの、その後はぱらついた程度となっています。気温はその後徐々に上がっていき一番あがったのが夜中の2時頃です。夜に冷えたというより、暖かい空気がゆっくりと流れ込んで来たようです。この暖かさで、地面などにたまった雨が蒸発し湿度が上がっていったとみられます。風が弱かったのでどこかに運び去るということもなく、わずかに発生した霧が残されたようです。
 その後ゆっくりと冷えていきます。といっても4時頃までで1℃程しか下がっていません。そのご再び気温が上がっていきますが再び明け方近くにかけて気温が下がります。濃霧が発生する要素としてはこのあたりの気温の変化(と風)が影響しているようですが、実際にどのようにしてできたかという明確な理由付けははっきり言ってわかりません。地面からではなく大気から放射冷却があったようにも見えます。
 日が昇ってからのようすです。気温は7時頃に最低となった後10時頃にかけて上昇しています。この影響なのか7時過ぎ頃から徐々に晴れてきます。上の写真から30分後のようすです。だいたい同じ方向を写したつもりです。薄茶色の屋根が目印です。
霧

反対側です。手前側のマンションは室内が見える方向なのでぼかしをかけています。
霧


 ところで気温変化この後いつもと違うことが起こっています。10時頃に最高気温を記録した後、だんだん冷えていっています。13時頃に明け方と同じ気温まで下がり、15時過ぎから一気に下がっています。この頃にはすでに夜明け前の最低気温を下回っています。21時までしか記録を見ていませんが、もうすでに今日一日の最低気温の記録を更新中です。これからどこまで下がるのでしょう。朝ではなく夜に最低気温を記録するのは確実です。
posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2024年02月19日

手術後の通院

 今日は腱鞘炎手術が終わってから3回目の通院日になります。前回から、1週間ぐらい後でということなので、日にちは多少前後してもよかったようです。実際には17日土曜日あたりとはいわれていました。都合がつかなかったので、今日にしました。
 取り立てて、何かをするというものでもなかったようです。指の動きのチェックくらいでした。完全には直っていません。指先側の腱鞘でも引っかかりがあることを確認して、指根元の膨らんだところを指先側に擦るようにマッサージするようにとの指示でした。炎症止めの薬を指先側にも塗るようにとのことでした。
 絆創膏を貼っていますが外して傷口をみるとというのもありませんでしたが、傷口が開いているのではと気になっていたので見てもらいました。刺激のあるものが手にかかると少しひりひりします。それでも普通なんだそうです。
 右手の方も特に何かということもありません。左手のことがありますからしばらくは様子見ということになっています。今のところは起きれば症状が治まりますからとくに何かをというのもなさそうです。ただ、起きてから症状がとまるまでだんだん遅くなっているような気がします。1日ひっかかっているようならこちら側もということもありそうです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今日は時々雨がぱらついていました。週間天気予報を見ると今週いっぱいは天気がぐずつくそうです。天気図を見ると、大きな移動性高気圧が東北地方から太平洋側に抜けています。この時期としてはかなりしっかりしています。例年なら黄海・東シナ海あたりから沖縄の方にぬけてだんだんと消滅することが多いようです。北に偏っていることと、大きいということでなかなか弱わまりそうにありません。このために日本列島はこの高気圧と大陸の高気圧に挟まれて、気圧の谷に長期間入り天気がぐずつくな予想天気図が続いています。
 この高気圧と日本海に進んできた低気圧の影響で、九州では春一番が吹いたようです。それ以外の地域でも比較的暖かかったようです。関東東北では15日に春一番を観測済ですから、当然春一番の宣言はありませんでした。春二番ともいっていませんでした。

posted by ヨッシン at 00:00| 日記

2024年02月18日

星の記録 2月18日号 16日 太陽・月など

 星の観察記録報告の続きです。
 16日です。太陽から。黒点は西半分に偏っています。大きかった黒点群はぎりぎり西端に見えています。
16日 太陽
 久々に雲がなかったので、カノープスが見えるか調べてみました。動き出すのが遅くみえる1/4くらいの区間しか写せませんでした。ズーム135mm3秒露出30秒インターバル、75枚の写真を比較明合成しています。
16日 カノープス
 月と木星のようすです。一昨日と位置関係が逆転しています。月の真下、下側の雲の上端に木星がかろうじて写っています。この後雲が広がってきて木星は雲から出てくることはありませんでした。
16日 月と木星
 月にかかっていた月環です。今日のは薄めかな。
16日 月 と月環
 月は何とか雲間からでてきたので写すことができました。月が西側にまわってくるのが遅くなっています。そろそろ昇ってくる頃でないと写せなくなります。ほぼ半月です。というより2時間足らずで上弦です。月齢は6.6です。
16日 月
 
posted by ヨッシン at 00:00|